memorandums

日々のメモです。

こういう発想が欲しい

LEDのついた扇風機などで時刻や模様が浮かび上がる玩具ありますよね?あの仕掛けを縄跳びに応用して飛んだ回数を空中に表示してくれるそうです。ありそうで無かった。。。そういう感じを受けました。


今年のプロジェクト型授業でWiiリモコンを応用して何かしらのインタラクションシステムを製作してもらっています。まだ環境構築とプログラム練習の段階ですが一年かけて個々のアイデアを形にしてもらおうと思っています。


今はプログラミングが壁のようですが、恐らく、企画が一番難しいと思っています。よく「若者は頭が柔らかいから」という言葉を聞きますが意外とそうでもないという実感があります。もちろん社会経験が少ないことで変な制約を意識しないで考えられるところはあると思いますが。ゲームといえばシューティングやらRPGやらという世界から抜け出せないところもあります。


この縄跳びシステム?のように、身近なモノや概念と入出力デバイスを合体させることで新しい価値が生まれます。自由過ぎるのも難しいのかもしれません。もしかするとコンセプトを決めるべきなのかもしれません。何かしらsuggestionを与えられるように私自身も思考をニュートラルにしておかないといけないなぁ。。。と実感しています。CMUのJohnny Lee氏のTEDでのプレゼンを参考にしましょう。メンバーのみなさん。