memorandums

日々の作業ログです。

プレビューのくり抜き機能が秀逸でした

以下のエントリーに関連して、発見したことをメモしたいと思います。

「ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ」終了しました - memorandums


上のエントリーにも貼り付けましたが、会場後方の壁面にキャラクターがぴょんぴょん跳ねている映像が投影されていると思います。これについてです。

www.youtube.com

覗き箱の台座の部分に、子供たちが可愛らしいイラストを描いてくれたんですね。

f:id:ke_takahashi:20191013182448j:plain

これが動いたら子供たちが喜ぶかなぁ。。。と思いまして。

とりあえず写真を撮ったんです。

f:id:ke_takahashi:20191013153158j:plain

それからPhotoshopのマジック何とかツールでくり抜こうとしたら。。。ノートPCを更新したばかりだったのでPhotoshopが入っていない。。。どうしようかとぐぐったら以下の記事がありました。

support.apple.com

半信半疑でやってみたら、これ超絶いいんですねぇ。。。すばらしい。こんな機能が標準で入っているなんて。

手順を録画してみました。

youtu.be

でわでわ

「ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ」終了しました

この事業に関わらせていただいて今年で4年目になります。

ちょうど1年生のときに参加してくれた学生さんが今年は就職・卒業と。。。感慨深いものがあります。

今年のテーマはタイトルの通りです。美術館の募集ページは以下の通りです。

募集 | 織田廣喜美術館

米袋を自分なりにデザインして、地元嘉麻市にいそうな妖怪をデザインしてもらいました。

嘉麻市には河童伝説、皿屋敷、鮭神社など様々な伝説があり、それをモチーフに子供たちが自由な発想でデザインしてもらう2日間のイベントでした。

スタッフの大学生と参加者のご対面。

f:id:ke_takahashi:20191012100730j:plain

体育館での作業風景。台風が接近していましたが、福岡は幸いなことに影響が少なく、暖かく作業しやすかったですね〜。

f:id:ke_takahashi:20191012111441j:plain

初日に完成した作品です。カワイイ〜。

f:id:ke_takahashi:20191012155602j:plain

2日目は写真少なめでした。

今年は、衣装の他のもう1つ。電子回路を組み込んだ立体コラージュです。

妖怪に扮した子供たちの写真を印刷して覗き箱の中に配置し、LED等で装飾を加えようというもの。

電子回路の組み立ては子供たちにしてもらいました。完成例は以下のような感じです。

f:id:ke_takahashi:20191012131652j:plain

2日目の夕方から保護者に参加していただいて発表会。

美術館のエンタランスホールをランウェイに見立てて。。。登場してもらいました。

youtu.be

覗き箱の1つです。とってもよくできています。

youtu.be

今年は嘉麻市で他のイベントがあったらしく、20名の枠に対して8名の応募だったようです。

私も小学生の娘がいますがイベントの様子を少し見せると「私もやっていた〜い」と言っていました。

嘉麻市在住の方が優先的に参加できるイベントです。

来年度ももし開催がありましたらぜひご参加いただければと思います。詳細は嘉麻市の織田広喜美術館のホームページに掲載されると思います。

子供たちが作成した覗き箱は12月初旬にアクロス福岡にて展示されるそうです。

では、本エントリーの最後に今年の準備を振り返ります。

例年、電子回路の部分を担当しています。だいたいの構成は例年と同様です。人が近づいたらLEDが点灯して子供たちの音声が再生される装置です。

Arduinoはじめ、音声レコーダ、人感センサーなど既存のパーツを組み合わせて作成しています。知識があれば誰でも作れるような装置です。

今年は、先日書いたエントリーのように、人感センサーの取り扱いを少しがんばってみました。人感センサーは赤外線に反応するのですが、赤外線はここそこにあるので意図したときに反応させるのがなかなか難しいいんですねぇ。。。

人感センサー(PIRセンサー)でいろいろ実験したメモ - memorandums

4年間のうち初年度はこのセンサーを使ったのですが、知識がなかったので、とりあえず人を感知するなら人感センサーと思って採用しました。でも。。。反応したししなかったり。。。2年目以降は超音波距離センサーを使ってきました。で、今年、ふたたび再チャレンジということで。

「覗いた」ときだけ反応させたいので、センシング範囲は狭くていいわけです。距離も50cm未満でいいのです。そこでフレネルレンズを外してセンシング範囲を狭め、さらに、狭めるためにセンサーに紙製の筒を取り付けました。これ悪くなかったですね。

それでも、センシング距離は1m以上はあるので。。。どうしようかと思いましたが、覗き箱に取り付けると配線等が邪魔してくれていい感じに距離が抑えられるようになりました。

また、今回は、これまで手伝ってくれた学生さんの多くが都合が悪く参加してもらえませんでした。

彼ら彼女らに頼り切ってしまったので負担も多かったのかと思います。とりあえずゼミ生中心に声掛けしてなんとかキット作成作業は終えられました。

当日参加者も3名が手を挙げてくれて何とか形になりました。

大学院生がいればもう少し教員が介入することもなくなるのですが。。。うちのゼミは就職希望者が多く。。。なかなか難しいですね。

とりあえず来年度も開催できたらなぁ。。。と思います。

参加してくれる子供たちの笑顔はサイコーです。

人感センサー(PIRセンサー)でいろいろ実験したメモ

台風19号が近づいています。福岡は幸い大きな影響はないようですが。。。関東地方のみなさん、お気をつけてください。

明日から2日間、織田広喜美術館(通称オダビ)さんとの連携事業があります。なんとか開催できそうで喜んでいます(毎年、台風で延期になるかハラハラしてきましたので)。

ある装置を作っていまして(受講生の小学生のみなさんが組み立てるキットの製作です)、その装置は人が近づくと、子供たちが録音した声が再生されてLEDがピカピカ光る装置なんですね。。。

で、この「人が近づいたら」というのがなかなかの癖モノでして。

人感センサーを使ったり、超音波距離センサーを使ったりしてきました。

今年度は再度、人感センサーでいこうと考えまして。。。

実験しているのですが、なかなかうまくいかない。

とりあえず検出範囲は狭くていいのでフレネルレンズは外しました。

それでも「近づいたら」「必ず」動作するか。。。といえばそうでもない。

赤外線を発する物体(反射する物体)が近づいてきたら、センサー内の左右にある領域の赤外線検出量に差が出たらオンになる仕組みらしく、センサーの前を通り過ぎると動作するのが元々の仕様のようなんですね。

以下にadafruitのページから転載した画像を貼ります(引用元

f:id:ke_takahashi:20191011181008p:plain

なので、正面から近づいていくと動作するときとしないときがあるわけです。原理的には。実際にはもっと確率的な動作をします。。。困ったもの。

インタラクションもので、こういう動作が一番、鑑賞者をガッカリさせることはよく知っていますので。。。何とかしたいわけです。

とりあえず横向きに置いたらいいんじゃね?という発想が以下です。真横でも検出されます。でもね。。。箱に入れるので周りからの光がはいったら動作が不安定でしょう。

www.youtube.com

じゃ、センサーを筒みたいなもので囲ってしまえば。。。とりあえずセンシング範囲を限定できるよね?ってやったのが以下です。

www.youtube.com

とりあえず、これでいくことにしました。もう少し見栄えをよくしたのが以下です。

www.youtube.com

筒みたいなのを探したのですがなく、しかたがないので、100均の単語カードを鉛筆に巻いてテープで止めて作りました。グルーガンで固定して。こんな感じです。小学生の工作でしょう😁

f:id:ke_takahashi:20191011171353j:plain

で、量産して。

f:id:ke_takahashi:20191011171105j:plain

とりつけた様子が以下です。

f:id:ke_takahashi:20191011171709j:plain

さて、うまくいくかなぁ。。。

ちなみに、本件に関係ないのですが、PIRセンサーの仕様書をみてたらガラス越しだと検出できないって書いてあったので、試してみたのが以下です。ほんまです。なぜでしょう。。。?あとで時間があったら調べます。波長かな?屈折かな?

www.youtube.com

とりあえず作業ログを急ぎまとめました。

では。

小戸公園BBQコーナーの受付は14時までです(10月)

福岡で食材持ち込みでBBQできる場所。。。ってなかなかないんですねぇ。

ぐぐると昔はいろいろあったようですが近所の迷惑になるということで閉鎖になったとか。

あるにはあるんです。比較的近いところに。森林公園みたいなところが。

でも、一緒にいく娘が大の虫嫌い。なので、山は✗ 

海ならいいということで、これまで2回ほど行ったことがある小戸公園に行くことになりました。

午前中は娘が宿題やるっていうので午後からスタート。

食材と炭などを買って移動すると。。。昼間なのでなかなかの渋滞。

到着したのは14時半でした。

一応、行く前に、もしかしてやってないかも?と思い、ぐぐってみると10月まではやっているっていう情報が。それ以上の詳細な情報はなかった(と思ったので)ダメ元で行ったわけです。

小戸公園(福岡県/福岡市西区) 【BBQ GO!】

到着して受付も電気がついているので「ラッキー」と思って言ってみると「14時までなんですよぉ。。。」と。

ちょっと「ダメですかねぇ。。。」と言ってみましたが無理ですた。当然です。

諦めて帰路に。

他にBBQできるところがないかと探したら、小戸公園から10分ほどで行ける「室見川河畔公園」ってところでBBQをやったという情報が見つかりとりあえず行ってみました。

すると。。。駐車場もなく。。。断念。

家に帰って、娘と二人で家の中に(簡易)テントを立てて、焼き肉食べて、とりあえず満足でした。

虫嫌いな娘は「家でキャンプもいいね〜」と言ってくれましたが😁

片づけ終えて、改めて探してみると、小戸公園の受付時間はちゃんと書いてあるんですよ。ちゃんとチェックしない私が悪い。

『小戸公園』『生の松原海岸森林公園』公式サイト ~環境開発~

f:id:ke_takahashi:20191010191905p:plain

さらに、室見川の方も、ちゃんとできるエリアがあったようです。ちゃんと情報提供してくださっている方がいました。

福岡で年中無料でBBQできる室見川河畔公園で小規模BBQ | 男の主夫力向上委員会

勉強になりました。

はい。

交通事故の記録

交通事故にあったのは初めてだったので、どうしたらよいものかと。。。ネットで調べたのですが概略しかわからず。実際に何がどうなるんだろう。。。という感じでした。色々と勉強になりましたので記録しておきたいと思います。

■事故状況(10/2朝)

10月2日の朝、娘が自転車で登校時に交通事故に合いました。双方に大きな障害はなかったため、娘は学校があるのでそのまま登校したそうです。運転されていた方が警察に電話して、2日後の昨日の夕方5時から、現場検証となりました。

事故の様子を絵にすると以下のような感じです。絵には描きませんでしたが、この辺はすぐ先にJRの踏切があり、その手前にも交差点があり行き交う車も歩行者も自転車も多い。。。そんな現場です。

f:id:ke_takahashi:20191005084944p:plain

娘は自宅から学校へいくため横断歩道を渡ったのですが、車の運転手さんも娘もお互いに認識はしていたようなのです。

娘がいうには減速はあまりなく、そのままぶつかった。。。ということのようです。運転手さんは左側にも自転車がいて接触が気になりそちらに意識が行っていたのではないか?とのことでした。

自転車の前方だけが接触したためか、自転車が飛ばされることはなく倒れずにふんばった状態で済んだそうです。まともに当たっていたらたぶん大きな事故になっていたのではないか、とのことでした。

■現場検証(10/4夕方)

運転手さんが警察を呼ばれ、娘と一緒に現場検証が行われました。本来であれば、何をおいてもその場で検証すべきらしく(証拠等がなくなるため)、また通院もその日のうちにして診断書を発行しておく必要があったそうです。運転手の方も娘も経験がなかったので、こういう事態になりました。勉強になりました。

そこで物損か人身事故かの判断がありました。人身事故の場合は罰則がありますが、物損の場合はそうしたものがないそうで扱いが違うようです。今回の場合は娘にその場で動けなくなるような大きな怪我がなかったので双方の話し合いで判断ができたようです(普通は選べるようなものではない、と警察の方が仰っていました)。娘は事故直後は問題なかったのですが、翌朝から肩が痛いと言い出したので、とりあえず病院だけは行きたいと思いまして、運転手の方や警察の方には伝えました。結局、人身事故扱いになりました。

人身事故用?の警察の方が別に来られて、再度、詳細な聞き取りがありました。最後に、2日後に警察署に来るように指示がありまして、そのときに、(父親の)運転免許証、(娘の)保険証か生徒手帳、診断書、印鑑を持参するように言われました。

結構、時間がかかりましたね。。。1、2時間くらいはかかったように思います。

■保険会社から電話(10/4夜)

運転手の方が現場検証後に保険会社に電話すると仰っていましたので、その夜に相手方の保険会社から電話がありまして、通院する予定の病院名・電話番号などが聞かれました。翌日、通院予定の病院に保険会社から電話が行って、治療費などを支払わなくて済むようにしてくれるそうでした。

■通院(10/5朝)

で、イマココです。嫁さんと娘で近くの整形外科に行っているところです。

■警察へ(10/6昼)

明日、診断書と必要なものをもって昼に行く予定にしています。

事故に遭わないに越したことはないですが。。。もしそうなってしまったら大変ですねぇ〜。気をつけて運転・通行したいと思います。皆様もお気をつけて!

Office365のタイトルバーが激怒。

Office365のサブスク版(Mac版)を利用しています。

ウィンドウを移動するためにタイトルバーをつかもうとすると。。。変名モード?になってしまう。

もうしょっちゅうその繰り返しです。

ホント、やめて欲しい。。。

Evernoteのタイトルバーもなぜか反応しない(僕はタイトルバーをダブクリするとウィンドウを収納するように設定しているので)けど、その比ではありません。

激怒です。

プンプン。

なんとか改善できないか設定メニューを探したし、ぐぐっても見たのですが、国内はもとより、世界的にもこんな文句を言っている人は誰もいない。。。アローン。。。

それでも我慢できないので、動画を作ってマイクロソフトに送ってみることにしました。暇だね。。。いや、暇じゃないんだけど。

下手くそな英語ですが。。。しゃべるのは嫌なのでテキストをいれて説明しています。一応。

youtu.be

ちなみにどうやってマイクロソフトに送ったかといいますと。Office365のウィンドウの右上にそういう機能があるので。。。それで送っただけです。

f:id:ke_takahashi:20191003124825p:plain

f:id:ke_takahashi:20191003124904p:plain

せめてオフすることができるようになったらいいなぁ。。。

持ち家(戸建かマンション)か賃貸か?

何度、このことで悩んだことでしょう。。。

買おう!やっぱりやめた。。。の繰り返し。

勢い大事ですね。

ちなみに私は賃貸マンション暮らしです。

北海道から福岡に移り住んで今年で15年。

福岡にきた最初の3年くらいは大学のある飯塚市にアパートを借りました。それから現在の場所に移り住んで10年くらいになります。

私も嫁さんも北海道なので、いつかは。。。戻りたい。。。とどこかで思っています。

現実的にはかなり難しいと思いますが。。。それでも両方の親は北海道なので。。。どうなるかわからないところもあったりします。

どうでもいい話ですね。

もやもや考えていたときに、持ち家がいいのか、賃貸に住み続けるのがいいのか、コスト面でまず計算してみたことがありました。

私はFPでも何でもありません。

誰に相談したこともありません。

ネットから得られる情報だけで計算してみたものです。その程度の情報ということで。

f:id:ke_takahashi:20191003094225p:plain

現職を続けられるとして定年まであと15年くらいです。

現在の賃貸の支払いと同程度と考えて月々の支払いを考えると1800万円くらいが妥当です。

中古物件ならないことはない金額です。

ちょっとわかりにくいかと思いますが、戸建ての場合は、固定資産税と修繕積立金(個人積立)が必要です。月4万円としています。ネットで調べた情報です。

マンション購入では、管理費、修繕積立金、駐車場代が定年後もかかります。ここは持ち家の方がいいですね。

総費用を見ると、賃貸で住み続ける方が安いんですね。。。

あ、賃貸マンションの方は、定年後に家族も減っているので住み替える前提にしています。北海道に戻るもよし、鹿児島なんかの温泉のある土地にいって住むのもよし。。。という自由さはあります。

コスト面だけ考えるとこういう状況ですが、やはり「自分の家」には憧れますねぇ〜。

10年後、20年後。。。家族がどうなっているかわかりません。

世の中もかなり変わっていることでしょう。

ちなみに、上記の表には保険代が入っていません。

持ち物が増えると保険料は増える。。。当然ですが。

あれこれ考えちゃうと益々ふんぎりがつかなくなります。

お金だけ考えても幸せかどうかは個人によりますし。

まさにその人の、その家族の「生き方」なんだな。。。と思います。

ちなみに、なんでこんなことを急に書いたかといいますと。。。6,7年お付き合いのあるご近所さんが新築されて引っ越しをするということで、今朝ご挨拶に行ってきたんですね。

ちょっと思い出したので書いてみました。

でわ。

今日は講義はないけど。。。委員会があるので出勤です。業績評価表や科研費申請や大物の資料作成があります。時間はいくらあっても足りません。。。