memorandums

日々のメモです。

一見「ただ」と思わせるが今流行のサービスの売り方?

昨日から、友人と最近の物の売り方についてメールで会話しています。

シェアウェアはお試し版というイメージが強いけど、その友人が紹介してくれたサービス(http://www.rumix.com/sb/)は”表向きタダ”と言っています。この会社のTOPページに明記されています。このソフトは既に一日述べ20万の人が利用しているらしいのです。

確かに、このソフトウェア、ダウンロードして基本機能を使う分にはタダのようです。これに”拡張キット”を購入してプラスすると管理者権限やセキュリティが強化されるそうです。興味深いのは、この”拡張キット”をどれくらいの割合のユーザーが購入しているか、です。その収入だけでビジネスとして成立できるのか。ただTELhttp://www.tadatel.co.jp/)のように、サービスはあくまでおまけ(踏み台)なのか。

ユーザーが利用価値を見出せば対価を支払うわけで。今後、ソフトウェアやサービスの販売方法は非常に多様になっていくでしょうし、そこにビジネスチャンスが転がっているように思います。