memorandums

日々のメモです。

macbook pro hd(256GB) 不調 → 検査 → 復旧

研究室でメインに使っているmacbook pro*1が最近とても重くなりました。

以前ならVMWareWindowsを起動してもそれなりに動作していたのですが。。。

以下のエントリーをみて調べてみました。

Link: Macを最大限にスピードアップさせる23の方法

このエントリーの2番目(ディスクユーティリティでHDをメンテナンス)でディスクを検証してみたところディスクの修復が必要ですと表示されました。

早速、ディスクの修復ボタンを押して修復してみたのですが途中でストップ。

ここからは不正確(自分も確かにわかってはいません)なのですが、Linuxの経験*2から想像すると、起動中のOSのプロセスがハードディスクをロックしていて修復ができない。。。のかと思いました。

とりあえずブートディスクを作ろうと以下の記事を参考にしようとしました。ただ、Lion導入済みのPCにApp Store.appで再度ダウンロードすることは普通にはできません。しかもダウンロードにとても時間がかかるのでこの方法はやめました。ちなみにLionなど導入済みのアプリを再度インストールするにはApp Store.appでOptionキーを押しながらインストールボタンを押すといいようです。

Link: How to Make a Bootable Install Disk of Mac OSX Lion

で、代わりになるものがないかと探してみたところ、Lionでは復元用のブートディスクのかわりにハードディスク内に隠しパーティション?があるようです。PCを起動時にcommandキーとRキーを押し続けているとこのこの復元モードになります。

Link: OS X Lion:Lion 復元について

この復元モードに入り、ディスクユーティリティを使ってディスクの修復をすると。。。うまくいきました。

早くなったか?といわれるとよくわかりませんが。。。不要なファイルやアプリを*3などを整理したので”気持ち早くなった”ような気がします。定期的に検査した方がいいですね。

*1:Cinemaディスプレイを繋げてiMac的に使っています

*2:fsckをするときにはシングルユーザモードにする、またはKNOPPIXなどを利用する

*3:特にiPhoneアプリが大きかった。。。iCloudでいつでもネットから取り出せますからパソコンにバックアップをとっておく必要なんてないんですよね。。。