memorandums

日々の作業ログです。

テレビを買うときには現物をみてあわてて買わずにじっくり考えましょう>反省

自宅のテレビが映らなくなってしまい、数日前から空き時間でテレビを調査していました。

調査といっても「ぐぐり」が主でしたが。

役立ったのは価格.comでキープしてカタログ比較する機能でした。

いいなと思った機種のキープボタンを押して、あとで一覧で比較できました。

テレビを観る機会はそもそも少ないので。。。まぁ、とりあえず観れればいいな。。。と思っていました。

最初に目についたのが、いろいろついて良さそうなのがハイセンスのテレビでした。中華製です。

でも、4Kチューナーがついていないので。。。これはダメだな、と。

結局、ネットの調査では以下の2機種に絞りました。

kakaku.com

kakaku.com

ポイントは直下型LEDで、4Kチューナーがついていて、無線LANに対応していて、Bluetoothがついている、でした。

決めたあと、実は4Kチューナーがついているだけでは観れない可能性がある。。。ということがわかり、ネットでそのまま注文してもよかったのですが、実際に店舗に言って説明員の方の話を聞いてみようということになりました。

ヨドバシではなく、福岡市にあるベスト電機アウトレット店でした。型落ちや展示品を格安で売っているので。。。

まず、店舗にいって驚いたのは43インチの小ささ。これまで使っていたものが50インチだったので。。。こんなに小さかったのか。。。と。魅力半減でした。

さらに説明員の方が「同じお金を出費するならLGより。。。でしょう、確かに液晶は世界レベルだけど、映像はそれだけではないと。お客様の好みですけど」と☺️

で、展示品をみているといろいろと同価格帯(10万円以下)の商品がありまして、結局、4Kチューナーはいらないし、Bluetoothがついているからと以下の商品を選択しました。決めるときに、価格.comのレビューをみるとAndroid TVなので使っていると定期的に落ちたり再起動が必要になる人もいる。。。というのが気になりましたが、50インチで税込みで7万円くらい。まぁ、いいかと思いました。←ここが失敗でした

kakaku.com

一緒に行った嫁さんが「この画面汚い」と一語。展示説明員さんは「他のお客さんはこちらの商品の方が綺麗ですって言ってますよ」と。これも殺し文句の1つですね。。。あとから思い出せば。

自宅に設置してしばらくみていると「映像が汚い」「映像が白っぽい」でした。

今までは東芝REGZA(2K)でしたが。。。それと比べるととても「不自然」な映像でした。

その他のメニューの映像はくっきり表示されていますので、想像するに、デジタル放送の信号を映像化するときの処理の違いなのだと思います。

あれこれ調整はしてみましたが、極端に赤やピンクがドギツクてエゲツない(綺麗ではなく)感じでした。

Androidなのでアプリをいれたりアカウント登録してPlayストア軽油でアップデートできたり。。。と便利なようですが。

やはりテレビの基本は地デジやBSやCSなどの映像信号を映像化する機能だと思います。これがイケテナイのは。。。どんなにYouTubeとかBluetoothとかの機能がついていてもテレビとして下だと思いました。

こういう経験はなくはないので、できるだけしっかり調査してから買おうと思って調べて挑んだつもりでしたが、やはり現場の雰囲気に流されてしまいました。

以下のレビューにも書かれていましたが、今すぐでも買いなおしたい気持ちではあります。AQUOSは二度と買わないだろうな。。。ごめんなさい。これは安っすいやつだからしかたがないのかな。。。と思ったので、現行機種を観に行くとそれほど変わらない。。。

bbs.kakaku.com

iPhoneAndroidの差が少なくなってきているので、テレビの基本性能にそこまで違いがあるとは認識していませんでした。

でも、毎日、使うものですから。。。そのうち慣れるといいのですが、観るたびに「失敗したな。。。」と思うのは辛いものです。

基本は大事と思います。

失敗は次にいかしましょう>自分