memorandums

日々のメモです。

僕みたいなオジサンにはGoogle Play Musicがちょうどいいようだ

Spotifyが国内で利用できるようになったときに、招待コードを申請してフリーアカウントで使ってきました。

この前にはApple Music、AWAGoogle Play Musicをお試し期間で使ったことがあります。あと、プライム会員なのでAmazon Musicは現在も使っています。

あとSIMはOCNモバイルの「500kbps 15.0GB/1ヶ月」ってやつを使っています。通勤時にノーパソのテザリング用に安価で容量がそれなりに必要ということで選択しています。たまに遅いと感じることはありますが許容範囲です。音楽ストリーミングも音質を最高にでもしなければ十分に使えます。あまり関係ないかもしれませんが、サービス選択時に参考になるかと思い書きました。

私はとくに流行りの音楽を追っているわけではありません。とりあえず環境音として「気持ちいい音楽を聴きたい」ということです。サービス提供側にとってはこれがやっかいなんだろうな。。。と思います。利用者は自分が聴きたい曲がなんなのかわからない状態で聴いている。そして、そのわからない状態ではあるけど「自分にとっていい曲」に出会いたい。

このニーズを満足するには、集合知による推薦機構、個人の視聴履歴から傾向を抽象化して学習する(それこそ忖度?)、日時や場所の変化に対応した曲を推薦する、などを動的に組み合わせる必要があるのかな。。。と想像します。

脱線しました。

このニーズだと、とりえずAmazon Musicで十分といえば十分なのですが。。。やはりおまけ程度なので、テレビCMなどで流れる新しい曲は聴けません。これが聴きたい、と思っても対応していない曲もあるわけです。

そんなところにSpotifyが3ヶ月100円という破格のお試しサービスを実施してくれたんですね。そのときに試しに使ってみたんです。今も一応期間中です。

一ヶ月くらい使ったと思うのですが、最初は、広告も流れないし、曲を選択して聴けるし、いいな。。。と思っていたんです。

しかし、推薦してくる曲はあまり興味がなく、積極的に検索してフォローしたり保存した曲は聴けるのですが、保存するのはその曲だけ。あとでそのアルバムを丸ごと聴きたいと思ってもサッとは選択できません。さらにその過去に聴いた曲にアクセスするのがなかなか大変(←これはたぶん保存している履歴の数が10件程度?なので数日前に聴いた曲を探せない。。。のかと)。

若い人は使いこなせるんでしょうね。。。日常的にインターネットやアプリは利用している方だと思うのですが、探したいものがすぐに探せない苛立ちは個人的には大変なものです。。。個人向けに推薦するMixチャネル?があるのですが、それも全然聴きたい曲ではない。。。ジャンルやムードなどもあるのですが、どれも聴いたことがないような曲ばかりで(かすってもいない)

何があれば自分は満足するのか振り返ると、たぶん、Amazon Musicのような「こんな気分のときに」みたいな適当な曖昧な感じの選択しと曲の集合が必要なんだと思うんです。

イライラが募り勢いでGoogle Play Musicを契約してみました。1ヶ月980円。昔からみれば破格の値段ですが、そもそも聴くかどうか微妙なので二の足を踏んでいたところでしたが、今回はSpotifyの反動があったので。。。まさに勢いで契約してみたんです。

そしたら。。。いいんですね。

最初はとにかく流行っている曲を流しているだけでしたが、いくつか検索すると(例えば、最近、ウクレレで遊んでいるのでジェイク・シマブクロが聴きたいなとか)、彼がリリースしているアルバムや曲が聴けます。さらに似たような傾向の他のアーティストも推薦してくれます。

まだ、使い始めて1週間くらいです。ただの反動でよさを実感しているのかもしれませんがストレスなく音楽を楽しめています。Google検索エンジンのパワーなのかなぁ。。。いやシンプルかつポイントを押さえたUIデザインも素晴らしいと思います。

アプリを起動してホームに出てくるやつをタップするだけで自分にとっていい曲が聴けます。これは理想です。私にとっては。そしてそれが毎日更新される。これも理想です。聴きたいと思った曲を検索できる容易性も重要です。アプリとしてサービスとしてごくごく当たり前のことが当たり前に実装されている。。。そういう印象があります。

個人利用だと980円/月ですが、家族プランを1,480円/月(6人)で利用できるようです。これもいいな。。。とも思っています。

とりあえず勢いで始めたサービス。1ヶ月使ってみます。

世界的に素晴らしいストリーミングサービスSpotifyをdisる形になってしまいましたが、ここでの主張は「僕みたいなオジサン(条件は上記の通りです)にとっては辛い」ということです。

世界的に流行っている音楽をセンスよく聴きたい方には最適な選択なんだと思います。私みたいなのがそんなことを書いても説得力はないかもしれませんが。。。