memorandums

日々の作業ログです。

iPhoneの写真表示


PDFをiPhoneで見るときにACT Printerというアプリがいいと以前書きましたが、無線LANが使えないところではmaciPhoneが接続できないのでプリントできないんです。


で、PDFファイルを印刷するときにiPhotoに出力するとイメージファイルになるんですね。これをiPhoneで見るという手があることに気づきました。いまさらでしょうけど。結構いいです。


ただ。1つ問題があることがわかりました。


macでPDFを印刷するときに資料の向きに応じて自動的に回転してイメージに出力することができます。これはこれで都合がいいです。Webページは縦長なのでそのまま印刷。PPTファイルは横長なので回転させて印刷。。。という感じです。


ただ、(ちょっと説明が難しいのですが)iPhoneのイメージ表示って、電子ファイル上での上方向を上だと認識するんですね。要は、撮影されている、あるいは、印刷されている内容(方向)には無関係にファイルフォーマット上の上を写真の上と認識するわけです。


この何が悪いかというと、iPhoneでは写真を閲覧するときに加速度センサーで本体の向きをとらえて自動的に写真を回転させて表示します。つまり、写真の上下方向と内容の上下方向が一致していないと、iPhoneではなく人が90度回転して写真(ここでいうPDF資料)を見る必要がでてきます。写真の向きを固定する方法があればいいのですが私はわかりませんでした。


惜しいな。。。誰か写真を固定する方法をご存知でしたら教えてください。。。