memorandums

日々のメモです。

“グーグル革命”の衝撃あなたの人生を“検索”が変える

昨日、家でテレビをつけたら放映していた番組です。Googleについての特集でした。最後の20分くらいを見ただけですが。。。興味深かったのは、Googleの検索から外れた(された?)サイト運営会社の訴訟についてです。

この会社(社名忘れました...)はある時点からGoogleの検索にヒットしなくなり、その影響で会社が傾きかけているというものです。そして、その会社がGoogleに理由を開示するように求めた訴訟をおこしているということです。

検索にひっかからなくなった理由をGoogleの弁護側の一人が「Googleにとってそのサイトは価値がなくなったから」と言っていました。この言葉に衝撃を覚えました。「Googleにとって」なのです。「利用者にとって」ではないのです。Googleは検索サービスを利用者に無償で提供しているわけですから、その方針は自由に決められるべきものだと思いますが、その変更によって影響を受ける人々がいるといるのです。凄い時代に突入しているなと感じます。

はてブ関連記事(GIGAZINE)がありました。とても興味深い記事です。確かに研究室の学生が登録する検索バーGoogleよりYahooの多いように感じます。なぜでしょうね?小中高の教育?それとも自宅のご両親の教育?

■Scirus
Googleの検索に不満をもったらScirusを使ってみよう。科学技術系の情報をお探しの方はScirusがよろしいようです。こちらに使い方のご紹介があります。→こちら