memorandums

日々の作業ログです。

検索エンジンの「SAGOOL」の「ワカール」機能

他人が検索しているキーワードが見れる仕組みです。キーワードが6件ずつ5秒おきくらいに表示更新されます。流行のAjaxで動的な表示更新を行っているのだと思います。表示される様をじっーと見ていたのですが。。。確かにうたい文句の通り、他人の興味を知ることができることはできます。

感想は、今ひとつ面白くない


テレビのようにぼーっと眺めているならいいのかもしれませんが、自分が興味ある言葉が表示されるまで「じーっと待っている」のは苦痛です。しかも待っている間に表示されるキーワードは見ている人にとっては興味がないわけですし、それを早送りして飛ばすこともできません。これなら@niftyの瞬ワードdel.icio.usはてな方が効率的に興味あるテーマを探すことができます。


Webマーケティング上はユーザー側の検索キーワードを知ることは大切だと思いますので、このサービスで表示されるキーワードを拾ってみることは大切かも知れません。でもそうなると表示データはAjaxだからキーワードデータを横取りして統計処理する仕組みが必要になりますね。。。できるのかな?それなら既にあるOvertureのキーワードアドバイスツールGoogle Trendsを使った方が楽でしょうし。


とにかく、何か中途半端。どうせなら、キーワードだけでなく、その人が検索した結果、どのページにたどり着いているのか見れたら面白いかも知れません。もしかすると、そのキーワードでは望んだ情報を入手できなかったかも知れません。失敗したキーワードを知ってもどうかなぁ。


酷評してしまいましたが。。。サービス提供側は遊び感覚で開発されたのかも知れません。新しい価値を生み出そうと。でも。。。意地悪な見方かも知れませんが、「Ajaxの仕組みがあるからこれでなんか作ろう」。。。と安直に考えた結果としか思えません。私の頭が固いだけかも知れませんが、面白い使い方があったら教えてください。