memorandums

日々の作業ログです。

unityの古いバージョンをインストールしたときに起動時に黒い画面になったときの対処方法

Unityの5.6.2f1をMacにインストールして起動したら、なぜか黒い画面になってログインもプロジェクト選択もできないという事態になりました。再インストールしてもだめ。再起動してもだめ。

以下が参考になりました。ありがとうございました。Windowsの方は以下の記事をご覧ください。

qiita.com

Macの場合は多少異なります。操作は同じですがファイルの位置が若干違います。そこだけ書いておきます。

(1)~/Library/Unity/Packagesをターミナルで開きます。package.jsonだけが存在するはずです。ここが違うなら状況は違うので以下は当てはまらない可能性が高いです。ここで本来ならnpm installってやればインストールできるんでしょうけどコケます。たぶんUnityのバージョンが古いからなのかと。そこで手動でインストールします。

(2)~/Library/Unity/Packagesの配下にnode_modulesのディレクトリを作成して、さらにその下に4つのディレクトリを作成します。とりあえずすぐに使えそうなコマンドを以下に挙げました。よければ使ってください。

cd ~/Library/Unity/Packages
mkdir node_modules
cd node_modules
mkdir unity-editor-home
mkdir unityeditor-cloud-hub
mkdir unityeditor-collab-history
mkdir unityeditor-collab-toolbar

(3)/Applications/Unity/Unity.app/Contents/Resources/Packagesに移動して、その中にある4つのtgzファイルを展開して上記の4つのディレクトリにコピーします。これもとりあえずデスクトップにコピーするコマンドです。あとは手動で展開して上記のディレクトリにいれてください。

cd /Applications/Unity/Unity.app/Contents/Resources/Packages
cp unity*tgz ~/Desktop

(4)あとはUnityを起動すれば。。。黒くない画面が出るはずです。めでたしめでたし。