memorandums

日々の作業ログです。

新入生宿泊研修会

先週の8,9日に大学近くのホテルで恒例の宿泊研修会がありました。いろいろな影響で研修時間は短くなりましたが、しっかりネットワーク作りができたようです。さて、4年後、どんな顔をして巣立つのか楽しみです。

研修を終えて日にちが経ってしまいましたが1つブログに書こうとしてたことを思い出しました。

上の写真は3回生が中心となって余興をしてくれたときの様子です。アンケートを見ると「最初はつまらないと思って参加したけどものすごく楽しかった。友達ができた。レクが楽しかった」とのことです。先輩達、ご苦労さまでした。

彼らは無償でこのイベントに参加しています。なぜでしょう?先生に言われたから?いやいや、違うでしょう。何かしたい、楽しみたい(楽しませたい)、という気持ちがあったからだと思います。苦労も多いでしょうけど終えたときの達成感が彼ら・彼女らを動かすのだと思います。やはり、そういう気持ちって会社生活でも活きるだろうな。。。と思うんですね。お客様のために役に立ちたい、役に立つことで感謝される喜び、似てますよね?もっともっと役に立ちたい。。。と思えば工夫もするでしょうし苦労も厭わないでしょう。そういう行動や気持ちは企業面接などでいい意味で見抜かれるんじゃないかと思います。

就職のため、単位のため、モテルタメ、目立つため、動機は不純でもいいでしょう。でも、最後にはメリット論ではかえがたい経験をすることが大切だと思います。世の中、理不尽であり不公平なことだらけです。それに打ち勝つ気持ち、支えになることは、そんな体験から感じることなのだと思います。

新入生のみなさんは一人でも多く、4年間(実質3年間)のうちにそうした経験が積めたら幸せでしょうね。。。待っていてもやってきません。自分から動いて少しでも興味のあることにどんどん参加したりチャレンジしましょう。心がポカポカ暖かくなるような経験ができたら、本当にこの大学に来てよかったと感じることができると思います。そういう経験ができるかできないかは自分次第です。周りのせいではありません。