memorandums

日々のメモです。

Android + Rails 本

ここ1週間くらい試験の採点や個人的な用事で急がしかったので更新していませんでした。。。ちょっと時間ができたので。


iphone開発はとりあえず一通り見回してみたものの、演習ではちょっと扱えない(Objective-CCocoaフレームワーク)のが何となくわかったので、とりあえず趣味程度でしばらくやめておこうと思いました。ちょっとしたアプリを作るならOpenframeWorksかPhoneGapあたりのフレームワークを利用すれば私としては十分なので。


で、HT-03Aが話題に出始めたあたりからAndroid開発が少し気になり始めていました。今度はAndroidで遊んでみようかとたくさん書店に並んでいる本の中から以下の本を選んでトレース中です。

GoogleAndroidアプリ開発ガイド

GoogleAndroidアプリ開発ガイド

この本を選んだ理由は、開発に必要な環境設定や開発端末の入手方法やアプリの登録方法などが他書より詳しく書かれていたからです。AndroidJavaで開発するので大学生の演習にはぴったりです。シミュレータでいくつかサンプルを動かしてみたのですが。。。開発端末の入手が面倒&高価なので、次に進むべきか迷っているところです。1セット5万だと。。。人数分揃えるには結構勇気がいります。


あわせてひがさんのBlogで紹介があったので先日、以下の書籍を購入し読み進めようかと思った矢先。

エンタープライズ Rails ―企業ユーザのためのWebアプリケーション設計術

エンタープライズ Rails ―企業ユーザのためのWebアプリケーション設計術


本書の冒頭に、まず、以下の本を読めとのこと。

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第2版

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第2版

どこかで見覚えがあると思ったら、ゼミ室に3冊くらい購入しておいておいた本でした。しかも第2版になってる。。。以前やった記憶は遥か彼方へ。。。環境もどこにいったやら。


もう一度仕切り直しです。夏休みに一通り終えたいと思います。。。まずはRailsの環境を整える。。。OSXRailsの環境を整えるのは意外と進歩していない模様。1つ1つ手で入れなければならない。。。


夏休みなんてあっという間。 学生のみなさんもAndroid? iPhone? Rails?でもマスターしてみませんか? 個人的にはProcessingがオススメですけどね。方向性が全く違うかもしれませんが。。。


<補足>

久しぶりにrailsコマンドを実行してみると。。。やっぱりEclipse+JSP開発より格段に楽なことがわかります。Webアプリを初めて開発する学生には、HTMLやHTTPの素の部分が見えないことが教育上いいのか迷いがありましたが、結果的にJSPにせよServletにせよWebコンテナの仕組みを知らなくても使えてしまうし。。。使い方の学習だけなら、Railsや誰かが開発したプラグインの使い方を習得させてもJava開発と本質的なレベルは何も変わらない。。。Rails時代のソフトウェア開発における大学生レベルで必要なコア知識とは?ブラックボックスにしていいところとそうでないところの違いは?うむむ。。。意外とperlPHPなどでCGIを作成してWebサーバやDBサーバなどを連携させて動かした方がC/Sの動きが見えていいと個人的には思うのですが。。。