memorandums

日々のメモです。

てんさーふろー(環境構築のあくまで個人的なメモ)

超いまさらですが、そろそろ夏休みなので、tensorflowで遊んでみようかと本を何冊か買ってきたのでトレースしはじめています。

ちなみに買った本の1つは以下。

現場で使える! TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法 (AI & TECHNOLOGY)

現場で使える! TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法 (AI & TECHNOLOGY)

技術系を勉強するときに、基礎からスタートする手もあるのですが、だいたい失敗します。やっているうちに興味が失せてしまいます。なので、まず、どんなことができるのか、数ある本の中からサクッと学べる本を選択しました。

で、まず環境構築が必要なのでanaconda navigatorをインストールして。。。と本書では説明があるのですが、どうも動きがしっくりきません。本書はwindowsユーザーを対象としているようで、macの情報がありません。

本家のサイトをみると、macではanacondaは使わないようです。

で、以下、とりあえず、tensorflowをインストールするまでをメモとして書きました。全くの初心者ですので、正しさは保証できません。あくまで個人的なメモです。

手順は本家のここをもとに進めました。

まず、macではデフォでpythonが導入済みですが、python3を使用したいのでHomebrewでpython3をインストします。ここで普通にbrew install pythonとやるとハマります。

まず、pyenvをインストールします。

brew install pyenv

そんでもって、プロファイル(僕はzshを使っているので.zprofile)の最後尾に以下を追加します。rbenvなんかと同じですね。sourceコマンドで読み込み直すか、ターミナルを再起動します。

export PATH="$HOME/.pyenv/shims:$PATH"

で、次にpyenvでpython3をインストールします。

pyenv install 3.5.1
pyenv global 3.5.1

3.5.1がいいのかわかりません。ただ、現在のHomebrewでの最新版の3.7.0をインストールしたところ以下のメッセージが出てtensorflowがインストールできませんでした。このエラーメッセージが言わんとしていることはわかるのですが、何が悪いのか直感的にはわかりませんでした。ここでハマること1時間。

Could not find a version that satisfies the requirement tensorflow (from versions: ) No matching distribution found for tensorflow

経験のない言語や環境ではあるあるです。いろいろ探し回っているうちに、なんとなくpythonのバージョンが新しすぎる。。。そう思いました。で下げたところ入った。。。という感じです。公式には3.3+って書いてあるので3.7だっていいじゃん。。。と思うのですが、言い訳があるのでしょう。この分野素人にはまだわかりません。

f:id:ke_takahashi:20180729151848p:plain

ここまでくればあとは、公式サイトのままです。一応、書きます。

pipをインストして、virtualenvをインストールします。それぞれ何者かは調べてください。

sudo easy_install pip
pip install --upgrade virtualenv

そして、これから遊ぶ環境名を適当に決めて(僕はtfにしました)以下のコマンドを入力します。

virtualenv --system-site-packages -p python3 tf

上記で仮想?環境ができたので、その環境に入ります。

cd tf
source ./bin/activate

そして、以下でtensorflowをインストールします。

pip3 install --upgrade tensorflow

一応、ここまでですね。

この環境から出るときは、exitではなく、deactivateですね。