memorandums

日々の作業ログです。

図書館のススメ


白痴化する老人、無教養のサラリーマン、そして、あつかましい若者たち via わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる


凄いタイトル。。。


メディアや娯楽の多様化で時間を潰す手段が増えた。。。という気もしますし、何より現代人は、学生にせよ社会人にせよ、”忙しい”気持ちにさせられている気がします。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。。。と。


そういう状況なので、自分のことで精一杯で、心の余裕や隙間(”遊び”)を失っている気がします。


ほんの10年か20年前はもう少し気楽だったように思うんですねぇ〜個人的には。


世の中は変わっていなくて単に自分が年とったせいかもしれませんけどね。


世の中を変えたのは、やはりケータイじゃないでしょうか?。。。


いつでもどこでも人と繋がる仕組み。インターネットもそう。


人と繋がることで豊かになる面はあると思いますが、社会全体がいつもビジー状態になっているような気がします。


もう戻ることはできないでしょうけど。。。たまには一人の時間を楽しむのもいいと思います。


先日、ある学生さんから、「最近、一人暮らしを始めたところ、時間の余裕ができたため、帰って何をしていいかわからない。。。」という話を聞かせてもらいました。


なるほどなぁ。。。と思いました。


私のオススメは大学図書館です。地理的にも近いし、何よりお金はかかりません。


私は図書館巡り?が好きでいろいろ行きましたが本学の図書館はいいほうだと思います。希望する本がなければ注文することも簡単にできます。


教養をつけるため、などと肩肘張らずとも、ぷらーっと立ち寄って、いろんなジャンルの書棚を眺めながら、気になった本を手に取ってみてはいかがでしょうか?


皆さん、知っているかどうかわかりませんが、私立大学の図書館は学生や卒業生が利用できる施設となっているはずです。国公立大学の図書館は一般市民にも開放されていますが。


ぜひ、在学中に存分に利用されることをお薦めしますよ。