memorandums

日々の作業ログです。

Virtual Cable

カーナビの新しい方向性を示す製品?のようです。慣れない土地でのカーナビを見ながらの運転って結構危険ですよね。こんな製品が早く実車に載ればそんな苦労もなくなりそうです。安全面の研究は国を巻き込んで行っているようで、特にお年寄りには既存のインパネより安全なのだそうです。


GPSから現在地を取得し、車の方向がわかれば同じようなことができそうですが、やはり一番難しそうなのはフロントガラスへの映像投影だと思います。そのあたりについて動画つきで説明されており既に米国、欧州、日本で特許取得済みとのことです。ビデオによるとレーザー光を可動式のスクリーンに当てて三次元画像を作成し、その画像を集光・調整してフロントガラスに投影するようです。一見簡単そうに思えますが、単に3次元の座標を計算した線分を描画するだけではそれらしく見えないのですね。。。