memorandums

日々のメモです。

ポータルサイトを自サイトからiGoogleに切り替えた3つの理由

ポータルサイトiGoogleに切り替えました。それまでは、洛西氏が開発したKamiWikiを研究室のサーバに設置して使用していました。KamiWikiは他のWikiクローンとは異なり、JavaScriptを多用しページ遷移無しにページ追加や修正が可能です。これまでTodoリストやBookmarkや研究アイデアなどをメモしていました。それをiGoogleに切り替えた理由を書くと以下のようになります。

GmailGoogle CalendarGoogle Readerにアクセスするたびにブックマークを呼び出すか、FirefoxGoogleツールバーを利用するのが面倒だった。

  • 2.Googleガジェットが豊富になりメモを書くことが簡単になった

以前、iGoogleに乗り換えようかと試したことがありました。そのときは、Googleガジェットがそれほど豊富ではなく、私自身、他のGoogleサービス(CalendarやReader)を利用していたわけではなかったためiGoogleを使う利点が今ひとつでした。また、Google Docsが正式にはリリースされていなかった(と思います)ので、ちょっとしたメモを記入することもできませんでした。

  • 3.変えてみようと思ったから

理由になっていませんが。。。(笑)思い立たなければ変えませんから、単純ですが実はこの理由は大きいと思います。あえて自己分析してみますと、それだけGoogleのサービスを使うことが自分にとって当たり前になっていることと、ページをリロードしてもAjaxで処理されるためイライラせずに待てるということが無意識にあるように思います。


GmailがGoogleに読まれているという話題やデータがいつ無くなっても文句が言えない、という怖さはありますが、便利であることは確かだと思います。とりあえずバックアップはとりましょう。