memorandums

日々の作業ログです。

北海道はやはり雪でした。。。

先週木曜日から北海道にきて無事、年度末報告も終わり、一区切りつきました。福岡に戻ろうと飛行機に乗りましたが。。。雪とアラレの影響で3時間近く機内で待機でした。。。それでも飛ぶことができて何よりでした。

客を飽きさせないようにとNHKニュースを流してくれましたが、高知空港での胴体着陸のニュースが。。。オイオイという感じです(笑)。途中、客を一端、搭乗口に戻す処置がありましたが、半券をもっていく指示がなく、途中で戻り結局出られない客もいました。到着したときに一言文句を言いたくて仕方が無い客もいました。15時発の便で弁当も持たず搭乗し3時間遅れて離陸したわけですから空腹だったこともあるでしょう。

こうしたときのマニュアル化と訓練は難しいだろうな、と思います。たとえマニュアル化されていても実際に動けなければ意味がないでしょう。まずはシミュレーションによる訓練が有効だと思いますが、機内、地上側、客室乗務員の数、搭乗者数、機体のサイズ、天候の予測、出発時刻、飛行時間といった複数の要因が関係するでしょうから、訓練パターンは相当な数になるでしょう。客室乗務員も”ハケン”化されているとも聞きます。短期間で訓練しなければならないこともあるでしょう。

ノウハウ(どういった状況のときはどう行動すべきか)を見える化する手法としてマインド・マップがあります。ベテランがマインド・マップを作成すれば、それはひとつのマニュアルになるでしょうし、経験の浅い人がマインド・マップを作成すれば、思考のモレも気づくことができるでしょう。

福岡に着いたら10℃。北海道は氷点下。やはり常に10℃くらい差があるようです。車を空港近くのジェットパーキングさん*1に預けていたのですが、3時間も遅れたのですが、すぐに出庫できるように準備してくれていました。空の状況をリアルタイムに把握してくれていたのでしょうか。素晴らしい!千歳空港の除雪作業も3時間かかりましたが、それでも現地の作業者の方の努力で”3時間で済んだ”とも言えると思います。プロの仕事ですね。

*1:感謝の意を込めてあえて名前を記しました