memorandums

日々のメモです。

格安航空券

そろそろ就職活動で忙しくなる頃ですね。

本社が東京や大阪の場合、面接などで(福岡から)飛行機の移動が必要になるかもしれません。飛行機での移動にあまり慣れていない人向けに、ちょっとした情報を書きます。


私は飛行機の予約をネットでします。支払いはコンビニ端末を利用した決済です。予約は航空会社のホームページにアクセスして、搭乗予定日と出発地と到着地を選択すれば、おおよそ流れにのって予約ができると思います。


私はマイレージをJALに絞っているのでJALをよく利用します。JALでは(もちろんANAでも)WEB予約を仮想的に体験できるページがhttp://www.jal.co.jp/help/にありますので、やってみるといいと思います。


次は料金の話です。


福岡〜東京の片道で3/1に搭乗する場合、31,700円が通常料金と表示されます。通常でない料金とは?何かということになりますが、航空会社各社が早めに予約して頂いたお客様に対して割引サービスをしています。それぞれいろいろな名前がつけられています。


例えば、JALの「前売り21」では、21日前までに航空券を予約しなければならないというものです。

もし、試験日や面接日が前もってわかっているのであれば、こうした割引料金で安く移動できることになります。※一昔(大昔?)前までは、企業が面接費用(移動・宿泊費)を出してくれていましたが、今はどうでしょう?

3/1に前売り21で予約をすると価格は片道20,250円で済みます。かなり得した気分ですね。


ただ、ちょっと気をつけなければならないことがあります。繁忙期というやつです。繁忙期は正月やお盆などの帰省時期や3月中旬から末にかけて、新生活で飛行機を利用する人が多くなる時期をさすと思います。この時期は、航空会社ではチケットの安売りをしません。ちなみに3/10以降は、先ほどの前売り21という設定が購入できなくなります。


あとは、格安航空券ですね。今日のタイトルでもあります。

私は、ここ→http://www.travel.co.jp/air/を利用しています。

航空会社ではなく、格安チケットを抱えている旅行代理店が販売しているチケットを購入することになります。

現在の最安値で福岡〜東京間を33,800円で購入できます。しかも往復です!?
販売会社によりますが、予約も一週間前くらいにすれば良いというのも助かります。これは予約便を変更できないタイプです。予約便を変更できるタイプはもう少し割高になります。

色々と調べてみてください。