memorandums

日々のメモです。

メール本文の1行の文字制限は意識する必要はないんじゃないかな?

タイトルのように最近思っています。なぜか?メールを読む環境が昔より多様化しているからですね。特にスマホとパソコン。例えば、以下のようにパソコンで入力したつもりでも、

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

スマホでみると以下のような感じになることがありますね。ガラケーならなおさら。

□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□

最近のスマホは解像度が高いですが、文字を読みやすくするため拡大するのでどうしてもこうなってしまう。じゃ、何文字までならいいのか?と考えるのも面倒くさい。。。かな?と思いまして。そんな見た目を意識するくらいなら、言いたいことを段落にわけて改行で区切り、論理を展開することに集中した方が相手に伝わりやすいだろうし、言いたいことを最初のセンテンスに、最初の段落に持って来れば、読むべき文字も減らせるだろうし。

ということで。

メール本文では、1行あたりの文字制限を意識した改行は不要で、段落を意識して改行でわけるように書いた方がいいんじゃない?

というのが今回の主張でした。

でわ。

ネムて。。。寝よう。昨日、NFCプログラム作っていて3時に寝た。。。そして今日も2時。さらに禿げるなぁ。。。