memorandums

日々のメモです。

娘と聴講でKIGSへ

昨日、ネットで参加申し込みしてた以下の講演に行ってきました。

テクノロジー×アートで何が見えますか?|イベント

講演は森脇先生のこれまでのご自身の作品紹介から始まりました。

沢田研二さんのTOKIOの電飾衣装に始まり、山本寛斎さんのショー演出をきっかけとして、小林幸子さんのLEDや光ファイバーを使用した電飾衣装へ繋がったお話。多くのLEDを同時に発光させるのはかなり困難が伴ったのではないかと想像します。その後、青色LEDが発明されてフルカラーが発色できるようになり、作品作りにLEDやををいち早く作品つくりに取り入れたとか。

代表作の1つが「rayo=graphy」

影は本来、周囲より暗くなるはずですが、そこをLED等で明るくする、という作品。先生のHPに写真が掲載されていました。

http://faculty.tamabi.ac.jp/outsideimg?spc=0000000381

原理までは解説がありませんでしたが、鑑賞者の背面からライトをあてて、装置に影ができたところを発光させる仕組みとのことでした。恐らく照度センサーのようなものが1つ1つの発光素子に組み込まれて独立して動作させていたのではないかと想像します。

この作品の発想はレイヨグラムから来ているとか。カメラが発明される前に、その原理となるピンホールカメラ?の現象は昔から知られていたとか、そこでその投影(反射光?)された光を模写するシステムがレイヨグラムだったようです。初めて知りました。

フォトグラム - Wikipedia

そこから、テクノロジーを起点として、写真、映画が生み出され、アートとして認知されるまでにはずいぶんと時間がかかったことをご紹介いただきました。

そこに、人工知能レンブラントの絵画を学習し、人工知能が生成したレンブラントのような作品が紹介されていました。人工知能が描いたものはアートと言えるのか?みなさんで考えて議論していきましょう、とのことでした。

wired.jp

その一方で、古代の壁画を例に、その当時、生きていた人達は生存することに全力を尽くしていたはずなのに、必要ないはずの「絵を描く」という行為をなぜしていたのか?というメッセージも投げかけていました。意思あるいは情熱、描きたいという衝動。アートにとって大事だよね。。。そんなメッセージが込められているように感じました。

ロボットやアプリが自我や意識をもつ時代もくるのかもしれません。自我や意識はそもそも何なのか?考えさせられます。

また、ニンテンドー横井軍平さんの紹介もありました。十字キーを考案した人として。当時、ジョイスティックは高価だったが、価格を抑えるために発案されたのが十字キーであったと。優れた技術を世の中に広めるためには、ありふれた技術にアイデアを詰め込むことだと。アートとコスト、本質的には関係ないように思いますが、突き詰めることによってアートが生まれる。。。そんな理解でしょうか。

横井軍平 - Wikipedia

後半は先生の最近の取り組みのご紹介でした。

宇宙と芸術を掛け合わせる仕事をされているそうです。壮大ですね。。。

種子島宇宙芸術祭

九州で近いのでぜひ今度行ってみたいと思います。

なぜ転換したのか。。。「LEDは飽きた」のだそうです。わかるような気がします。

でも、入れ物?を置き換えることで同じ方法論でも考えることが違ってくると想像します。

後半は娘が居眠りしていびきが気になって集中できませんでした。。。😁 先生、ごめんなさい。

私はほんと飽きっぽい性格なので1つのことを何十年も研究するなんてできません。

それでもソフトウェア開発というものを現場ではなくアカデミックな立場で研究したいと思って転職しました。

でも、現場を離れたということもありますが、飽きたな。。。と感じています。何がしたいのか。。。模索中です。

今、この時代だからできることしたいことがあるように感じてはいます。

そんなタイミングでの講演でしたので、個人的にとても有意義でした。

チームラボのお茶のやつ、まねっこしてみた

先日、お台場でチームラボの展示をみて「EN TEA HOUSE」ってやつを真似してみたいなぁと。

ちなみにこんな感じのやつでした。本当に美しかったですねぇ〜。

f:id:ke_takahashi:20181129135249j:plain

本家の詳しい紹介サイトは以下です。

en-tea-house.teamlab.art

レストランなどでお皿にプロジェクションマッピングするのはこれまでもいろいろとありましたが、飲み物に投影するのはあまり見たことがないような気がします。

とりあえず真似してみました。

まず、思いついたのがコーヒーカップ

液体が黒いので映えるのかな。。。と。

f:id:ke_takahashi:20181204180331j:plain

いまいちでした。光が吸収されるようです。コントラストがイマイチ。

動画も撮ってみました。どーでしょう?綺麗とは言い難いですね。

youtu.be

これはやはり本家のマネをするしかない、ということで昔、無印で買って放置していたガラスボールにほうじ茶をいれてみました。

まず静止画は以下。スマホのローライトモードなのでかなり幻想的に写ります。。。が肉眼ではイマイチ。

f:id:ke_takahashi:20181204182132j:plain

動画は以下です。液体がほぼ透明なのでキレイに透けます。パーティクル自体は白なのですが、ほうじ茶なのでいい感じに着色されました。

youtu.be

ついでに、展示で飲んだカモミールティーはなかったので、自販までミルクティーを買いに行って注いでみました😁

まず、明るいところ。幻滅しますね。。。orz

f:id:ke_takahashi:20181204183129j:plain

ところが、暗くすると。。。

youtu.be

いい感じですね。ほうじ茶とは異なり透けないので映像に立体感がでます。

真似してみるといろいろとわかります。

まず、当然ですが、食器を綺麗に洗うこと。

そして、雫もしっかり拭き取って乾燥させること。

そして、お茶を入れ物に注ぐと気泡ができるんですね。。。これも無いほうがキレイなので。。。

モバイルプロジェクタで投影したので光量が少なめでした。

まぁ、勉強になりました。

今回はただ投影しただけで、カップのセンシングもしていません。液面の高さも計測していません。実際にやるとすると、キャリブレーションをうまくやらないといけない気がします。もう少し変化させてみたいですね。

イベント参加

昨日は終日、ものづくり系イベントに参加しました。

前日夜に上の階からの水漏れが深夜にあり、その対応でほとんど寝れず。。。体調は絶不調でした。。。

加えて、会場がわかりにくい。。。いや会場自体はとっても有名な企業敷地内なのですが、ナビでもGoogle Mapでも違う場所を指し示すんですね。。。これがなかなかしんどかった。なんどもグルグルまわって。

やっと会場についたら素晴らしい施設。

いつものイベントと比べると厳重なセキュリティで。館内も撮影禁止だったので(企業ですから当然といえば当然)、あまり雰囲気は記録に残せていません。

f:id:ke_takahashi:20181201101047j:plain

f:id:ke_takahashi:20181201105628j:plain

f:id:ke_takahashi:20181201124613j:plain

事前の広報はFBだけだったように見えたのと、会社内なので一般の方の来場は難しいんじゃないかな。。。と個人的に思っていたのですが、ところがどっこい、多くの方が来場されました。

Spheroのバッテリーのもちが悪く、また、Bluetoothの切断がたびたびあるので、その対応に追われました。

それでも、今年購入したSphero miniとゼミ生用に購入したXperia2台を持っていったので(新品なのでバッテリー持ちがいい)、それにかなり救われました。

3年前に開発したシステムなので、iOSXcodeのバージョンも変わっていて再ビルド&デプロイするのが大変でしたが。。。なんとか福岡でも展示することができて個人的には大満足でした。

ただ、忙しかったため、他の展示を見たり、他の出展者の方と会話できなかったのがちょっと残念でした。しかたがないですね。。。

イベント終了時刻にはほとんど体力が残っていなくて集合写真にはいる余裕もありませんでした。ごめんなさい。

今回、はじめてのイベント開催で、企業スタッフの方々はさぞご苦労も多かったと思います。

本当にお疲れ様でした。

iPhoneのiCloudの設定メモ

子供達のiPhoneを更新しました。

iPhone6からiPhone8へ、これもメモ - memorandums

設定を確認するとテキトウだな。。。と。

特にiCloud

iCloudは無料で使う分には容量は5GBしかありません。

写真の同期先やiPhoneのバックアップ先としてはもちろん「アウト」です。

Appleにお布施を払い続ける余裕があればiCloudをどうぞという感じですが。

個人的には無駄なものは徹底的に排除したいタチなので、少なくとも代替えがあるならそれにしたい(そこに使わなかったお金はもっとエクスペリエンスの高い商品やサービスに注ぎ込みたい)という主義なので。

無料での写真のバックアップ先は現状Google Photo以外に選択肢はないでしょう。単なるクラウドストレージとしてでなく、スマホからの同期も簡単、共有も便利。いまどきGooleにデータを預けるなんて。。。という人はいないでしょうけど、もしそれが気にならなければ、本当に素晴らしいサービスです。しかも無料。素晴らしいからこそ個人データを集められるわけですが。。。

また、iPhoneのバックアップ先はバソコン(iTunes)で十分と思います。

ということで、iPhoneの設定は以下のような感じになります。あくまで個人的価値観でです。

f:id:ke_takahashi:20181202105053j:plain

iCloud Driveはいらないでしょう。。。Google Driveの方がいいです。

連絡先も基本的にはGoogleでいいと思いますが、iPhoneの場合はいれておいていいのかもしれません。

カレンダもGoogleで十分。リマインダーも使わないので不要。

Safariの設定はPC上といってもMacユーザの場合は共有できるのでいれておいて損はないかもです。メモもたまにつかうのでいれておきましょう。

Apple Watchをもっていないのでヘルスケアはいらない。Apple Payを使っていないのでWalletもオフでいいはず。

キーチェーンとiPhoneを探すは大事なのでオンです。

iCloudバックアップはオフですね。パソコン(iTunes)にすればいいので。

誤解している点があるかもしれませんが、とりあえず私の各機能の理解では、個人的な価値観において、上記の設定がベストと思います。


<補足>

写真.appのデータはGoogle フォトにアップロードして、以降は写真.appは使わずGoogleフォトに同期します。

ちなみに私も一度失敗したのですが、写真,appから写真を取り出すときにドラッグ&ドロップだと写真の撮影日付が現在日付に変わってしまいます。これはかなりまずいので。。。「書き出し」のオプションを選択します。以下の記事は古いですが参考になると思います。

Macの『写真』からオリジナルファイルを取り出す方法 | コトノバ

冷蔵庫の処分メモ

半年ほど前に、大学の居室で利用してきた小型冷蔵庫が壊れました(全く冷えなくなりました)。

今日、車で通勤したので、冷蔵庫をやっと処分できました。

そのときの手順をメモしておきたいと思います。

まず、壊れたのが以下の冷蔵庫。

家電リサイクルの手順は以下を参考にしました。

RKC 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

上記のページの手順で説明していきたいと思います。

1.郵便局でリサイクル料金を振り込む

郵便局に行って「家電リサイクルの料金を支払いたいのですが」と伝えると、記入用紙を渡してくれました。

f:id:ke_takahashi:20181130123950j:plain

白いところは私の名前と住所です。それ以外に、事前に処分する冷蔵庫の、メーカー、容量、とその処分金額を調べておく必要があります。

これらは上記と同じページに「リサイクル料金」というメニューがありますので、そこを選択すると、メーカー一覧が表示されます。

家電リサイクル料金一覧 | RKC 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

私の冷蔵庫はハイアールなので製造業者等名コードは「392」であることがわかり、容量は40リットルなので170リットル以下である「31」で、処分費用は3672円であることがわかります。

ちなみに以下の画面です。

f:id:ke_takahashi:20181130175820p:plain

これらの情報を上記の用紙に記入します。

ちなみに手数料?130円がかかり、合計3802円でした。

支払うと、上記の記入用紙からいくつか用紙を剥がした残り(シール状になっている)をもらえます。これをもって処分業者に行きます。

2.指定引取場所を確認する

まず、引き取ってくれる最寄りの業者を探します。以下のページをポチポチクリックしていくとわかります。

指定引取場所のご案内

私の場合は、大学の裏にある西濃運輸さんが引き取り業者だったので助かりました。

f:id:ke_takahashi:20181130180322p:plain

3.家電リサイクル券を製品に貼る
4.製品を引き渡す

車で冷蔵庫と郵便局で受け取った用紙をもって西濃運輸さんにいくと、入り口ゲート付近にある小さな事務所で受付してくれて、あとは冷蔵庫に用紙を貼ってフォークリストに乗せるだけでした。

簡単。。。

うーん、でも面倒ですね。

法律ですからしかたがない。

不法投棄する人がいるのもわからないではないです。

もう少し楽な方法があればな。。。と思います。

新しい家電を店舗で買ったら引き取ってくれるのでしょうね。。。でも、ネットで買ったら処分するのが面倒になる。

ちなみに今回の私がまさにそれでした。

故障とわかって修理を試みたのですが直せず、すぐにアイリスオーヤマのサイトで代替の冷蔵庫を買いました。

アイリスオーヤマでもリサイクルに対応してくれているのですが、送ったりするのはかなり面倒。

壊れない冷蔵庫を買うのが一番ですが。。。どうでしょう?

iPhone6からiPhone8へ、これもメモ

娘2人ともiPhone6を利用しています。

1つはauの。もう1つはAppleオンラインで購入したsimフリーです。

auの方はmineoを、simフリーの方はLINEモバイルを契約しています。

auの方は1度水没してて僕が修理し、simフリーの方も画面割れを何度か修理しました。

もう修理するのも難しいくらいになったのと年数も経ったので買い換えることにしたんですね。

コスパを考えるとAndroidでいいじゃんと言ったのですがダメで。

iPhoneXはいらないだろうということで8にしました。

僕は出張中でいなかったので、奥様と娘で天神のAppleストアで2台購入してきました。

simフリーの方はsimを差し替えるだけで動くのか、娘もよくわかっていないのでスムーズとは言い難い状況でした。

バックアップをとっておけば移行が楽なはずだったのですが、そのバックアップをどうしたらいいのかが本人がわからず、macにしているのか?iCloudにしているのかの意識もなかったようです。その確認だけでも1,2時間やりとりしました。

何とかバックアップを取って復元できて使えたと思いきや、自宅ではWifiで使えたらしく、外出すると通信ができない。。。と。

結論的にはLINEモバイルのAPN設定がされていなかったようです。

わからない人はやはりキャリアに委ねた方がいいんでしょうね。。。

次に、昨晩、遅く自宅に戻り、もう一人の娘のiPhone8への移行作業を一緒にやりました。

こちらはmineo(au回線)だったので、事前にネットでドコモ回線のsimを申し込んでいました。そのsimもちょうど昨夜到着していたので作業開始できました。

こっちの娘はmaciTunesiPhone6のバックアップを取ってくれていたので、iPhone8にドコモのsimを挿し起動し、Wifi設定し、ライトニングケーブルをつないでiTunesから復元しようとしたら。。。なぜかパスワードが求められる。。。本人はパスワードをいれた覚えがないとか。

ここから1時間くらいうにゃうにゃやりました。

iCloudに再度バックアップしようとしてもiCloudでiPhone8を信頼できるデバイスにできない。。。これもよくわからない状態。iCloudにログイン済みのデバイスがどれかわからない状態。

結局、バックアップを復元するのは諦めて、新しいiPhoneとして使い始めることにしました。この頃には夜中0時を回っている状況。2人とも眠たい。。。

とりあえず、iPhone8を信頼できるデバイスとして登録できて、プロファイルも登録し、あとは回線を切り替えるだけ。。。と思ったら、回線切替は21時まで。。。orz

翌朝、残りの作業をしたわけです。

日本ではiPhoneユーザーが多いとよく言われますが、バックアップ先とか、iCloudとか、どれくらいの人がそれぞれの意味を理解して使っているのだろうか?と思いました。

簡単ではないですね。。。

2ファクター認証もいちいちSMSを送ってくるのもウザいし。認証システムアプリを使えばいいのにな。。。と思いましたが、力尽きました。

これを書くのも面倒なことでしたが。。。機能が増えるにしたがって設定項目が増えて。

今どきのiPhoneはかなりメニューが増えていますね。初心者は辛いだろうなぁ。。。

東京出張

仕事のため東京で3日ほど過ごしました。

時間的に余裕があったので、いくつか見学してきました。そのメモです。

まず、ホテル

学会ではないので大学の予算が使えなかったため、なるべく出費を抑える必要がありました。

そこで、ninehoursというカプセルを利用してみたんです。

9h ninehours|ナインアワーズ|公式サイト

これまで、カプセルは最終電車を逃したときくらいに利用した程度で、宿泊用にとった経験はありませんでした。

2泊しました。安かろう悪かろうと思いましたが、考え方次第と思いました。

施設は比較的キレイで。

ロッカーに貴重品等の私物を置くことができ、浴槽はありませんがシャワーがいつでも利用できます。飲食はフロント前に限定されるのがちょっと辛いですが、部屋でウダウダしたい人にとっては居心地が悪いでしょうけど、ちょっと時間を潰すくらいならフロント前で十分でした。

また、いつか利用したいと思います。

次は、国会図書館

国立国会図書館―National Diet Library

国会図書館といえば博士論文を蔵書している場所ということで知っていました。エゴサーチではないですが、自分の論文があれば見てみたいな。。。という何とも邪?な動機でした。

永田町駅が最寄り駅。そこから5分ほど歩いて国会議事堂を横目に見る位置にあります。

新館で利用者登録をして、カードとパスワードを発行してもらえます。

ちなみに、発行するときに本人確認できる資料が必要です。私は運転免許証を提示しました。

他の図書館とは違い、本棚は私達の目に見えるところにはなく、パソコンで検索して資料請求するとカウンターで貸出(館内)や複写などができます。

残念ながら、私の博論はありませんでした。というか関西分館ってのがあるらしく、そこにあるらしいです。

今度、本部に出張があったときにでも寄ってきたいと思います。

そのときに、いろいろと検索したのですが、館内限定でパソコン上で閲覧できる電子資料・映像資料があり、ここでなら1日いても飽きない場所だな。。。と思いました。

カード登録は3年間有効らしいので、今度の出張でもぜひ立ち寄りたいと思います。はい。

仕事が予定より早く終わったので、最終日(昨日)はほぼ終日フリーでした。しかも格安だったので時間変更ができず。。。そこで、お台場に。

まず、お勉強と思い、ビッグサイトでいくつか展示をみました。以下、2つを見学しました。

  • 第23回新聞製作技術展(JANPS 2018)
  • ハイウェイテクノフェア2018

展示場・来場者ともハイウェイ〜の方が多かったですね。さすが日本の経済を支える土建関係ということで。

新聞の方はAI関係が多かったですね。そしてハイウェイの方はVRが多かった。売上の主ではないでしょうけど目玉として輝いていました。

いくつかメモ。

まず、朝日新聞社のオンラインニュース記事のPVやCVなどを分析するシステム。以下、デモ映像だそうです。記者さんたちのフロアーで閲覧できるようになっているらしいです。一喜一憂しているのかな?と説明員の方といろいろとお話させていただきました。

f:id:ke_takahashi:20181129102246j:plain

DATAさんの以下のシステムもおもしろいなぁ。。。と。気象データとニュース記事との対応を学習することで、気象データからニュース記事を自動生成しちゃうというシステム。研究開発中とのことです。ソースと出力を変えるといろいろな応用が考えられるでしょう?とのこと。おもしろい。

f:id:ke_takahashi:20181129104043j:plain

あとは、ハイウェイのでのVR関係。

工事現場で働く新人さんに身の回りにいろいろな危険が存在していることを体験させる研修で使うとか。

f:id:ke_takahashi:20181129112450j:plain

次は橋の建設現場で波の状況で危険があるか、こちらも研修で使うとか。建築やさんはもともと3Dデータをもっていますから、そこに物理シミュレーションを加えれば、比較的簡単にこうした体験シミュレーションシステムができるはずで。国としてもそういうIT化を促進しているとか。これからの流れですね。

f:id:ke_takahashi:20181130170845p:plain

続いて。お台場といえばチームラボ。ここまで来て見ないわけにはいきません。

正直にいいますと、チームラボのシステムはこれまでにいくつか見たことがあったので、もういいかな。。。と思っていました。3000円払うものな。。。と。

でも、行ってみてよかったです。キッチリ作り込まれたマッピング技術。考えられないほど多いプロジェクタ。超大量のテープLEDの制御して発光したところを目の当たりにした新体験。

すべてが想像を越えていました。勉強になりました。

f:id:ke_takahashi:20181129124152j:plain

f:id:ke_takahashi:20181129132203j:plain

f:id:ke_takahashi:20181129135248j:plain

未来館も寄ろうと思ったんですが、体力が尽きてしまい、ガンダムを見て帰路につきました。年です。。。

f:id:ke_takahashi:20181129152354j:plain

そして博多駅についたのが10時過ぎ。

ホームでラーメン食って帰りました。充実した3日間でした。

f:id:ke_takahashi:20181129223230j:plain