memorandums

日々のメモです。

最近、気になる言葉「という形」

少し前に気になる言葉は「とはいえ」でした。

正論を言ったあとで、その内容について反する個人的な意見や考えを言い始めるときに使うとても便利な言葉です。

そして、最近、気にある言葉は「という形」という言葉です。

なんかもやっとした事柄を相手に伝えるときに「こんな感じで」というときに使うと思います。

「的な」とか「という感じで」とか「というイメージで」というより「という形で」と言った方がなんとなくフォーマルな感じで伝えられる気がします。気がするだけです😁便利な言葉ですね。

用例として例えば「背の順で並んで進んでください」というときに「背の順の形で並んで進んでください」と使います。

ちょっとわざとらしい例ですが間違ってはないと思います。

要はなくても文は成立するし意味も通るのですが、あった方が文章が長くなって、なんかもっともらしいことを言ってるような気がするし、聞いてる方も理解する時間が稼げるという利点があるような気がします。気がするだけです😁

これって口語だけだろうなぁ。。。と思ってたら、たまたま昨日読んでた、とある論文誌でこの表現を見つけました。

上記のとおりであっても害にはなりませんが、無くていい言葉は無くすのが原則と思いますので削ってもいいよなぁと思うのですが、こんな表現をいちいち直してたら査読するのも大変でしょう。

と言ってる僕の文章も問題があるようでついつい口慣れてるので2重の言葉を使って査読者に指摘されることがあります。

気をつけます。

NEC NP-U310WJD ファン交換作業 → とりあえず成功

事の発端は以下に書きました。

NEC NP-U310WJD ファン異常で起動せず - memorandums

ランプを冷却するメインファンが故障し、プロジェクタが使えなくなりました。

このハードは7年前に購入したので当然保証もなく、ちょっと調べると(海外ですが)エンジニアを派遣しての修理が必要らしく、そうなると修理費はそれなりになるな。。。と想像しました。

たかがファン1個で面倒と、ファンの購入を試みました。

ファンの型番は以下の通りです。

商品名:NFB10512HF -7F03 12V 0.39A
メーカー名:DELTA ELECTRONICS社

いつも出入りしている業者さんに見積依頼をしてみたところ。。。取り扱い不可と。ebayなどで売っているのになぁ。。。

しかたがなく個人で購入することにしました。同じ商品でも価格には幅があって。。。益々怪しい感じなのですが、とりあえず手頃な値段で、かつ評価の高いセラーを選択しました。送料無料も選択した理由の1つです。3,046円でした。

new FOR NFB10512HF-7F03 12V 0.39A 49.87Y01G001 FAN 170 мм 105 x 105 x 32 | eBay

到着した品が以下です。かなり怪しい包装。。。

f:id:ke_takahashi:20171017111523j:plain

そして、故障品と並べたのが以下です。右が故障品(もともとプロジェクターに内蔵されていたもの)です。同じですね?一応。

f:id:ke_takahashi:20171017111625j:plain

とりあえずファンが回るかテストしてみました。

www.youtube.com

ちゃんと回ります。よかったぁ。。。

10日ほど前に分解したままで放置していたプロジェクターを机に置き、ネジがどこだったかの記憶もないまま。。。とりあえず組み付け作業をしてみました。せっかくなのでGoproでタイムラプスを撮ってみました。

www.youtube.com

撮影は5秒周期で、動画では1枚あたり0.5秒で表示していますので10倍速になります。作業時間は1時間ということになりました。ネジが2個余りました。。。よくあることです(苦笑)

ファンを組み付けた直後で蓋を閉める前に撮影したのが以下です。ちゃんと回っていますね。めでたし。

www.youtube.com

見ていただくとわかると思いますが、ファンを取り付けるのがとにかく大変。たぶん、本来であればランプのユニットごと取り外す必要があり、もし取り外せればそのユニットの側面にファンを取り付けるので楽に作業できるはずです。が。。。そのユニットが外れない。難しい。。。光軸とか曲がったら嫌だな。。。という感じでした。しかたがなく電源ユニット含めてほぼ全てのコンポーネントを外しての作業でした。そもそもNECのエンジニア以外が触ることを想定していないのでしょうけど。。。

テストもオーケーだったので、最終的に投影したのが以下です。

f:id:ke_takahashi:20171017130751j:plain

まぁ、問題ないですね。はい。

これで火災や感電が発生しても私の責任になります。

もし、参考にされる場合は自己責任でお願いします。

HDDナビ、SSD化なるか?

HDDナビのHDDが認識しなくなり、ディーラーに確認すると結構かかるらしい。。。諦めてスマホアプリを使うものの使いにくくてヤフオクで同一商品を購入して復旧しましたよ。。。ということがありました。以下がその断片です。

http://memorandums.hatenablog.com/entry/2017/09/28/104223

とりあえずナビは使えるようになったのですが、もともと使っていたナビはHDDがイカれただけで他は問題ありません。

もったいな。。。と思い、ヤフオクで購入したHDDをバックアップソフトでバックアップし、ついでにSSDを購入して復元し使えないか。。。というチャレンジをしました。

ただ、詳細の情報は無くしてしまったのですが、フルバックアップしたイメージを戻そうとすると途中で書き込みエラーが発生しました。何やらコピープロテクトが入っている模様です。真相はわかりませんが。

とりあえず問題のパーティションだけファイル単位での復元をしてなんとか形になりました。

本日、ごそごそと駐車場でやってみたんです。

以下がバックアップを復元したSSDです。
f:id:ke_takahashi:20171017001900j:image

そして、ケーブルを繋いだところ。
f:id:ke_takahashi:20171017001921j:image

恐る恐る電源を入れると。。。残念。認識しません。
f:id:ke_takahashi:20171017001955j:image

そう甘くはないですね。。。

とりあえず初戦敗退というところでした。ちなみにこのナビでSSD化したとかいう情報はないんですね。。。残念ながら。

時間があればもう一度くらい挑戦してみたいと思います。まずは情報を仕入れないといけませんね。

Excelの小数点表示桁数のアイコンがわかりにくい

どーでもいいことなんですが。。。Excelでデータ処理するといつも気になるのが表題のことです。

この機能はExcelを使われる方ならご存知と思いますが、小数点を含む数値を表示する桁数を増減するアイコンがリボンインタフェース上にあるんですね。具体的には以下です。

f:id:ke_takahashi:20171013143543p:plain

これをみてすぐに、どっちが増でどっちが減かわかった人は凄いと思います。

なんかエレベータの開く・閉じるボタンのアイコンと同じように思います。直感的にわからない。

私は直感的にはわからないのでとにかく押してみて結果を見ながらら「あー間違えた」といいながら使っています。

このアイコンをよーく見ると言わんとしていることがなんとなくわかります。

右側の方は「.00」を「.0」にすると読み取れます。でも、左側の方は配置が悪いのか「.0」を「.00」にするとは直感的には読み取れません。矢印の位置が悪いんでしょうね。。。

例えば、こんな感じでも十分わかると思うんです。PPTで作ってみました。

f:id:ke_takahashi:20171013143853p:plain

で、作り終えたあとに、他の表計算ソフトではどーなっているのか調べてみたんですね。

最近、お世話になっているGoogleスプレッドシートでは。

f:id:ke_takahashi:20171013143939p:plain

うん。わかりやすい。僕のより情報量がありますね。さすがデザインのプロ。

MacのNumbersではどーでしょう?使わないのでインストールしていませんでしたが。。。インストールしてみると以下のような感じです。アイコン表示ではありません。

f:id:ke_takahashi:20171013170854p:plain

もう、長年このアイコンを使っているのでしょうけど。。。改善要望ってないのかなぁ。。。いつか変えて欲しいです。マイクロソフトさん。

相関係数の一覧表を作る過程で発見した2つのこと

学生指導のため、学科に所属する学生の全成績データ(CSV)を事務部から入手できる仕組みがあります。

調査分析のためのWebサービスがあればCSVも必要ないのでしょうけど、現状はそこまでありませんので、このデータを使っていろいろと分析しています。

手始めにやったのが科目間の成績の相関分析です。

以前、ここに書いたように、CSVデータは1テーブルのためデータを整理する必要があります。そのため、Googleスプレッドシートを利用します。

まず、各学生の履修科目の成績を一覧にします。以下は例で、Aさんは英語は70点で数学は80点という感じです。

f:id:ke_takahashi:20171013104109p:plain

氏名を1行目、科目名を A列に並べます。そして直交したところ(B2セル)に以下の式を書きました。項目名はわかりやすく日本語で書いていますが、実際には列名(A,B,C...)を書きます。

=QUERY('CSVデータ抜粋'!$A:$F,"SELECT C WHERE 科目名='" & $A2 & "' AND 氏名=" & B$1,"")

ここで発見したのがこの関数に含まれるクエリー(上記のSELECT以降)にセル番号が含められる、ということです。動的にクエリーを書き換えられんですね。。。便利です。

これで一覧表が完成します。受講していない科目も含まれていますので対応がまったくない科目もありますが、とりあえずCORREL関数を使って相関係数を求めます。

このままGoogleスプレッドシートで進めてもよかったのですが計算時間がかかるのでExcelにコピーして続きの作業を進めました。

上記の形式のデータを用いて科目間の相関係数を求めます。試行錯誤して最終的には以下のようにしました。

f:id:ke_takahashi:20171013103555p:plain

ちょっと説明が難しいのですが、上記の表の通り、各科目の点数は行方向に並んでいると思います。ですので、縦方向へのコピーだけ(ある特定の科目とその他の科目間の相関係数を)考えると以下のような式でいいと思います。ちなみに、以下のdはGoogleスプレッドシートからコピーしてきたデータが入っているワークシート名です。

=CORREL(d!$B$2:$BW$2,d!$B2:$BW2)

でも、やりたいことは全科目間の相関係数を求めたいので。。。基準となる科目は変わらなければなりません。もちろん、いちいちセル番号を手入力で書き換えるなんて嫌です。

ここで調べるとINDIRECT関数があることがわかりました。これが発見した2点目です。これは与えた文字列をセルの位置に置き換えて解釈してくれるというものです。

参照するセルの位置を変数で指定する (計算結果により参照するセルの位置を変更する) - Excelの使い方・操作方法

ここでもう一度、Excelの最終結果を見ていただいたいのですが。。。1行目に数字が入っていますよね?これがこの基準となるセルの行番号なんですね。

=CORREL(INDIRECT("d!$B$" & C$1 & ":$BW$" &C$1),d!$B2:$BW2)

ちょっと複雑ですが。。。数式を横方向にコピーしても参照するセル位置を縦に移動したい場合なんかはこんなテクが使えるのではないかと思います。

もっとシンプルな別解がありそうですが。

とりあえずメモとして。

つくるけぇ出展

朝、4時に起きて、単身、前の日に積み込んだ荷物とともに東広島まで行ってきました。

つくるけぇ! | 里山で「みんながつながる」ものづくり学校

展示物は、ここでも何度も参照しているSplashooter2017(下記)です。

特に研究成果でもなんでもないただのゲームです。

www.youtube.com

チャレンジがあるとすれば、アミッドっぽいスクリーンを採用したところでしょうか。

www.youtube.com

ただ、このスクリーンも今週はじめからハンズマンに通い制作しました。

ソフトウェアもここ2日間くらいで見直しました。

上記の動画よりはかなりスプラ○ゥーンに近づいたと思います。

福岡から4時間ちょっとくらい。距離にして片道333kmくらいです。

会場についたのは9時で(実は少し前についたのですが、近くにある広島のキンダイを見学してきたのでちょっとだけ遅くなりました。。。)

本当に道の駅でした。

ついた当初は、正直なところ、こんなところに人が集まるのだろうか。。。という感じでした(ごめんなさい)

f:id:ke_takahashi:20171008100332j:plain

f:id:ke_takahashi:20171008100348j:plain

入ってみると会場は予想よりちょっと狭い感じ。でも、実際に利用してみるとちょうどいい感じでした。

開催は10時から16時まで。オープンキャンパスと同じですね。

でも、始まるとすぐに小さい子がたくさん遊びにきてくれて非常に楽しかったです。

f:id:ke_takahashi:20171008115829j:plain

f:id:ke_takahashi:20171008155050j:plain

忙しくてなかなか昼ごはんを食べられなかったのですが14時くらいにちょっとの隙をみて外に出てみるとすごい人。みなさん楽しそう。

福岡でいうと。。。どこかなぁ。。。広い公園があってみんなが思い思いに時間を過ごす場所って感じでした。

f:id:ke_takahashi:20171008143700j:plain

懇親会出たかったのですが、たぶん帰りの運転が怪しかったので、会場でお会いした方々にご挨拶して終了早々に退場しました。つくるけぇのスタッフの方にはご挨拶できませんでした。。。ごめんなさい。

それはそうと。

来場者の多くは小学生以下で、中にはスプラトゥーン2をやり込んでいる子もいて、スプラトゥーンの話題で盛り上がりました(笑)50近いオッサンと小学生が同じ話題で盛り上がるってのはなかなか不思議な感じです(笑)

さて、次はつくるとです。

今度は福岡市なので移動は楽です。

今回の出展でいろいろとアイデアがわいたので来月まで時間を見つけて実装してみたいと思います。

vol4.tsukuruto.net

アミッド(じゃないけど)そんな感じのスクリーンを作成

少し前に交換用の網戸を買ってきてゼミ室に立ててアミッドっぽいスクリーンにして遊びました。エントリーは以下なので3ヶ月くらい前ということになります。

memorandums.hatenablog.com

今年、赴任されたメディアアート系の先生から別の素材を教えてもらい(また、余っているのでともらったもので)スクリーンにしていました。以下のような感じです。

www.youtube.com

今週末のイベントではゼミ室のような立てる机がないのと、いただいたスクリーンが少しヨレていたので、新しいものを近くのハンズマンに行って買ってきました。

こんな感じです。支柱はオープンキャンパス用に事務が所有しているやつを借りてきました。クリップもついでに買ってきました。

f:id:ke_takahashi:20171005213832j:plain

ただ、うまくピンと張らないんですね。。。上下に支えがないので。。。

で、研究室にあった木材をつけると、まあまあいい感じ。

www.youtube.com

で、車でいくとはいえ、支えはもっと持ち運び簡単なものがいいな。。。と思い、今日、もう一度、ハンズマンに行って支柱を買ってきました。

素材をどうするか迷ったのですが、安価な塩ビパイプにしました。また、ハンズマンには工作室があり工具も借りられるのでその場でカットしました。

f:id:ke_takahashi:20171005214348j:plain

大学にもっていき、組み付けて見たのが以下です。

上部と下部に支柱を入れることでスクリーンがピンと張ります。ただ、支柱を入れるため袋状にするためグルーガンでやってみたのですが、ヨレてあまりうまく行きませんでした。。。ちょっと映像が歪んじゃいます。次のプロトタイプで改善したいと思います。とりあえずは今回はこれで。

f:id:ke_takahashi:20171005214528j:plain

塩ビパイプは軽いので持ち運びは楽です。これとあとはPCとプロジェクターですので、昨日、故障した短焦点でない普通のプロジェクタであれば歩いてでも持ち運べます。

あちこち出前いけますよぉ。。。笑

さて、明日からソフトの方を改善します。