読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandums

日々のメモです。

PTA役員、お疲れ様です

うちの嫁さんが今年高校に進学した娘の中学校のPTA役員をしていました。

たぶんここで嫁さんの話を書くのは初めてかも知れない。。。

学校でイベントがあればその準備をしたり、市長や教育長との打合せ、市内の中学校連合の打ち合わせや懇親会などもよく出席していました。

最初は、何でそこまでやらなあかんのかな。。。と思うこともありましたが、ここ1年は、いろいろな問題を抱えて本当によくやるなぁ。。。と。

うちは子供が3人いますが、これまで私は地域も学校もあまり関わることがなく、すべて嫁さん任せできました。今もそうです。。。申し訳ないです。

今日は、この中学校の最後の総会?があり懇親会(お疲れさん会?)があるようです。今ごろ盛り上がっているかなぁ?

最近、PTAに関して芸能人がコメントしていました。たぶん、PTAにもいろいろあるんだと思います。地域によっても学校によっても学校のたまたまその学年によっても違うのだと思います。

うちの嫁に関して言えば「ほんと、お疲れ様でした」と言いたいです。

お疲れ様。

Zenfone3のカメラは赤外線フィルタつき?

先日、スイッチも出たしWiiはいよいよ不要だなと思いゲオに売りに行きました。500円くらいでしたね。。。コントローラが一番高かった。

その後、WiiU(ほぼスプラトゥーン専用機)で昔のWiiのゲームをしたいと子供に言われ、Wiiのセンサーバーを自作することに。大昔、Wiiリモコンのハックが流行ったころにそういうのをよく自作していました。例えば、以下のような工作。

d.hatena.ne.jp

作り終えて発光を確認しようと手持ちのスマホASUS Zenfone3)のカメラで覗くと。。。あれ見えない?。。。なぜ?電池が弱っていると思い充電したもののダメ。

Macのカメラにかざしたら。。。光ってる。

f:id:ke_takahashi:20170428184814p:plain

もう一度、スマホでとると以下のような感じです。ヨワッ!

f:id:ke_takahashi:20170428184850p:plain

このことから類推すると、このスマホのカメラには赤外線フィルターが入っている。。。ということがわかりました。

はい、それだけなのですが。。。赤外線の発光チェックにスマホが使えない時代なんだな。。。ということです。はい。

仮説(口腔ケアをしっかりする → 花粉症の症状が緩和?)

50歳が近づいている立派な?オジサンなのですが。。。今年のはじめに読んだ以下の書籍の影響から口腔ケアに真面目に取り組んできました。

memorandums.hatenablog.com

それまでも歯ブラシと糸ようじは併用してきたのですが、歯間が狭いようで、被せ物が定期的に取れては歯科医に通うをここ数年繰り返してきました。

上記の本で一番変わったと思うのは、朝一番で歯ブラシをする、の習慣化です。これがどれだけ効果があるのか計測したわけではないのでわかりませんが、専門家が言うのだからまずは信用してみようというところです。

あと、歯ブラシのときに歯磨き粉(粉じゃないけどね)を使わない、も変化でした。

これも人に話すのは抵抗がありますが。。。考えてみれば、歯磨き粉で匂いがついたとしてもあっという間に唾液で交換されてもとの体臭(というか口臭)が支配するはずですので本来は必要ないはずで。

また、僕は磨きすぎる傾向があったので研磨剤の入った歯磨き粉で長時間磨くと歯の表面が削れてしまう問題がありました。さらに、歯磨き粉が口中に充満すると、磨けているのかどうかもわかりにくくなります。これも無くなりました。

さらに、歯間ブラシではなく、フロスを使うようにしました。フロスは最初、面倒でうまく使えませんでしたが、ググって輪を作る方法を知ってからはできるようになりました。僕にもできた!の世界です。

matome.naver.jp

慣れてくると道具もきになるもので、いつも拝読している歯科衛生士の方のブログを参考に、タフト24とワンタフトを使用するようになりました。

www.mama-eiseishi.com

キャップなし タフト24 歯ブラシ × 10本 (MS)

キャップなし タフト24 歯ブラシ × 10本 (MS)

人と接する仕事ではありますので口臭は気になりますし、毎度毎度、歯科治療にかけるお金も時間ももったいない、といった動機から
始めたことですが、習慣化してしまえば、しないことが気持ち悪い状態になります。もう戻ることはないでしょう。戻る意味もありません。

口腔ケアもそうですし、頭皮ケアもそうですし、こんな年齢になる前に知りたかったことでした。。。(苦笑)とはいえ、たまに時間があるときに雑談で講義中にこんな話をすることもあるのですが理解されないようですね。。。若い時分の私もたぶんそうだったでしょう。。。無くなってはじめてわかるありがたみ、ということです。

で、タイトルですが。。。

これはあくまで「仮説」です。

こんな具合に3、4ヶ月くらい口腔ケアを真面目にやってきた?せいかわかりませんが、体感的に今年はいつもより花粉症の症状が控えめ?のような感じがしています。ここ飯塚は周辺に森林もあるため花粉が多い地域でもあります。天気のいい日は駅から大学まで片道20分くらいを歩いています。これまではマスクをしていましたが今年は一切していません。

それなのにちょっと目がかゆい感じがする程度です。

素人の想像ですが。。。口内細菌は唾液と共に体内に流し込まれます。胃酸でほとんどなくなるのではないかと想像するのですが。。。それでも口腔ケアをすることによって体内への蓄積が少なくなるのではないかと思うのです。それに加えて花粉の体内への侵入。人それぞれ花粉へのアレルギー反応が出る因子が溜まっていきある限界を越えると症状が出る。。。というような説明を聞いたことがあると思います。口腔ケアによってその蓄積速度が遅くなる。。。のではないかと。口内細菌と花粉はまったくことなる因子ではあるとは思うのですけどね。。。

ちょっとだけ口腔ケアと花粉症についてぐぐってみましたが症例報告はありませんでした。

花粉症の薬を服用することで唾液が少なくなり、口内が乾燥して細菌が増えて口臭、虫歯などのトラブルとして現れるので注意してね、という情報はありましたが。。。

花粉症の季節、お口のトラブルに注意! | 今月のピックアップ|JFOHP::日本口腔保健協会:::

できたら科学的に検証して欲しいなぁ。。。と思います。

LOOPY

数日前にHaker News(だったと思う)で見かけたエントリー。物流シミュレータを研究していたので興味があって10分くらい触ってみました。

This Tool Makes It Super Easy to Create Interactive Simulations

操作は簡単。鉛筆ツールで丸を書くとノードができ、そこに名前を書きます。あとはノード間を鉛筆で結びつけて変化量を+かーかで選択します。

ツールのページに例として挙げられているのが以下です。狐が増えるとうさぎが減る、狐が減るとうさぎが増える、連鎖を表現できます。

https://i.kinja-img.com/gawker-media/image/upload/s--wHX6wDCS--/c_scale,fl_progressive,q_80,w_800/uypkvwgxyoghpzmbt59x.gif

作った結果はただ遊ぶだけではなく、リンク、ページ埋め込みタグ、GIF画像として出力して利用することができます。

何はともあれ作ってみました。考え方が最初ちょっと難しかったですが、プログラミングではなく、相関関係(正負)にある量をノードとして記述すればそれっぽくなりました。

説明は不要ですね。。。ただ、この例では増える要因しかないので楽しくありませんね。。。世の中こんなに単純ならみんな勉強好きの勉強家になっているはずですから。。。そうじゃない要因も付加しないと現実味がありません。

とりあえず便利ツールとして何かあれば利用したいと思います。(といってすぐ忘れそうですが、、、)

HOLOLENSが納品された

いまさらですし、まだ開発していないので、わざわざ書いて公開する意味はないと思いますが、いつからスタートしたのかのメモとして書いておきたいと思います。

Oculus DK1が出始めのころに面白いと研究室にいれて(以下を見ると4年前ですね。。。ずいぶん昔に感じます)DK2もすぐにいれて卒業研究などに利用してきました。しかし、Macでの開発ができなくなり。。。ゼミ室のPCを入れ替えるつもりはなかったのでOculusというかVRの研究はやめていました。

memorandums.hatenablog.com

昨年、Google Cardboardで歴史的建造物を閲覧するアプリを作ってもらったこともあり再燃しました。

MacというかAppeの魅力も最近落ちてきましたし、WindowsPCをいれてもいいかな。。。というのも背景にあります。

ところでHOLOLENSを知らない人のために一応、以下の記事がわかりやすいと思いましたので。

gigazine.net

Oculus Riftと同じく頭部に装着するメガネ型のディスプレイです。いわゆるヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。Oculusなどはディスプレイだけが見えるのですが、HOLOLENSは透過型なので目の前の現実世界も見えます。

Oculusは現実から離れた仮想世界に没入することが目的で、HOLOLENSは現実の世界に情報を重畳表示して拡張すること(現実にはありえない映像を現実世界の中に見せる)が目的です。

ちなみに研究室にはEPSONのMoverio(BT-200)がありまして、これも研究に活用してきたのですが、これとHOLOLENSの違いをメモしておきたいと思います。

BT-200は、単に目の前に小さいディスプレイが表示されます。一応、カメラがついていますが解像度がいまいちなのでARマーカーなどを読み取るのもちょっと辛い感じです。

一方、HOLOLENSとの違いは、実空間の形状を認識して、そこに情報を提示することができる点です。言葉では表現しにくいのですが、ウィンドウを開いて、自分の右横に置いておいて、違う方向をみて作業をしたあとに、あとでそれを利用する。。。そんなことができます。

頭を振るとコンテンツがその場に居座るような表示になるのですが、そのトラッキングが非常に非常にスムーズです。視野角が狭いと話題になった覚えがありますが、それは本質的な問題ではないと感じました。いや。。。ほんと素晴らしいです。30数万円する価値はあると思います。音声認識でのコントロールも未来感を増してくれます。

詳しくは上記のGIGAZINEのページをご覧ください。

どういうコンテンツが開発可能なのか、まだわかりませんが、この体験からは、ソフトウェアでありながらにして、実体を伴ったような使用感のアプリも有用ではないかと思います。

予想通り、あまり内容のないエントリーになりましたが。。。以上です。

これで外に出たら。。。恥ずかしいですね。。。

f:id:ke_takahashi:20170425124408j:plain

MBA2013 Mid バッテリー交換

2013年6月くらいに購入したMBA11インチ。4年目ですが、まだまだ現役です。

速度的には遅いと感じることはほとんどありません。

ただ、オリジナルのSSDでは容量不足が気になったので昨年SSD(512GB)に換装しました。

memorandums.hatenablog.com

最近、バッテリーの消耗が激しく。。。なんとかしたいな。。。と思っていました。

今年度の研究予算が使えるようになったので発注。

www.amazon.co.jp

本日、納品されたのでサクッと交換しました。ご丁寧に分解用ドライバまで付いてきました。バッテリーが以下。ビニールがついていたのでとりあえずとりました。

f:id:ke_takahashi:20170425174607j:plain

オリジナルのバッテリーを外したのが以下です。

f:id:ke_takahashi:20170425174644j:plain

組み上げてハードウェア情報をみてみましたら。。。以下のようになりました。614回が1回になりました。正規品ではないのでしょうけど。。。とりあえず現状よりはましになるんじゃないかと。。。とりあえずあと1、2年はこれで過ごしたいと思いますので。

f:id:ke_takahashi:20170425174721p:plain

ちなみにAppleの情報によると、この機種のバッテリー充放電回数の上限は1000回とのことです。まだ、限界ではなかったんですね。。。限界になるとバッテンマークがつくのはみたことがありますが。。。ただ、物理的に充電できなくなる前に実用的にはそれ以前でアウトになると思います。

support.apple.com

はい。

Pebbleのベルトが到着

ベルトが切れたので作ってみたというエントリーを少し前に書きました。

memorandums.hatenablog.com

まぁ、わかったことは、プロすげ、ということです。ベルトとして機能はしましたが、やはりさすがにかっこ悪い。。。ので廃棄。

Pebbleも廃棄。。。というのはもったいないのでAmazonで22mmのベルトを探してみました。ちなみに、ヨドバシで普通の時計のベルトも探してみたのですがあまりいいのがなく。。。

とりあえず安かったので以下をAmazonで買ってみました。

注文したのが4/12で、到着が4/22。。。船便ですかね。。。しかたがない。とりあえず無事到着しました。

安かったので白と黒の2本買ってみました。

f:id:ke_takahashi:20170424192607j:plain

なんか。。。白は特にそうなんですがかなり怪しい白です(苦笑)。黒もオリジナルとは手触りがかなり違う感じです。とりあえず使えますが。。。以下は白にしてみたところ。

f:id:ke_takahashi:20170424193424j:plain

いまいちですね。やはり黒にすることにしました。

ちなみにオリジナルにはないポッチがついていて着脱がしやすいようになっています。

f:id:ke_takahashi:20170424194233j:plain

裏面なので見えません。

とりあえず、こんなものもあるんだな。。。という程度で。