memorandums

日々のメモです。

The Book of Ruby

ちょっと前にHacker Newsで知った無償のebookです。読者によって本の向き不向きってあると思います。長大なサンプルプログラムを掲載して説明文を添えるタイプの本、ノウハウを集めた本、逆引き形式の本、講義ノート形式の本などなど。この本は数行のプログラムをもとにRubyの言語仕様を悟らせてくれます。機能紹介の羅列ではなく、なぜその機能が必要なのか実感しながら納得しながら読み進めることができます。要は理屈っぽい私好みの本です。

英語か。。。と思う学生さんもいるかもしれません。でも、こう考えましょう。「これを読むと英語もRubyも自動的に勉強できちゃう」。。。私からすると(イギリスの方だからなのか?)読みづらい表現がありますが、飛ばしても十分理解できます。サンプルプログラムも下記のZIPファイルに入っていますので、どうですか?正月に一気にRubyistになってみては?

Link: The Book of Ruby