memorandums

日々の作業ログです。

ダイニングテーブルの椅子修理

福岡に来てからニトリで買ったダイニングテーブルセットを使い続けています。

当時は(たぶん)珍しかった回転するタイプの椅子です。

5脚あるうちの1脚の回転部分が緩むんですね。。。ガタツキが酷くて。そもそもこういうガタツキがでるのは設計が悪いのか製造が悪いのか?5脚のうちの1脚ですから。。。製造なのかもしれません。

タツキの原因は木ネジ(黄)が緩んでくるんです。すると金属部(赤)が少しずつ浮いてきて、外れるまではいかないのですが、ガタツキ音が酷くなります。

f:id:ke_takahashi:20190512084929j:plain

これまで、ガタツキが酷くなるたびに木ネジを締めてきました。

ただ、締め直しても2,3ヶ月もすればガタつき始めます。

これまでワイヤーで金属部を動かないようにしたり、ネジに接着剤を塗布したり、ネジ穴にパテを埋め込んでネジ山を作り直したり。。。しましたがどれも効果ありませんでした。

最近、またガタツキが酷くなり。。。午前中に時間があったので分解しました。

今度は思いつきで、3Mの強力両面テープがあったので緑部に貼って金属部を置きました。

さらに、木ネジのヘッド部の内側にロックタイトを塗りました。こちらによるとそもそもロックタイトはヘッド部ではなくネジに塗布するべきもののようですが、木と金属では無理そうに感じまして、このようにしました。多少なりともネジの緩み始めを防止(遅延)したい。。。というところです。

f:id:ke_takahashi:20190512090341j:plain


機械設計でも勉強していれば、もう少しマシな解決方法を思いつくのでしょうけど。。。とりあえずロックタイトで鉄同士の固着には6時間かかるらしいので、半日程度、放置したいと思います。

さて、どうなりますやら。。。😁