memorandums

日々の作業ログです。

聴く英論文

通勤電車の中で論文を読むこともしばしば。混み合う方向とは逆なので基本的に車内が混雑することはないのですがたまーに論文を読まずに聴けたらな。。。と思うこともあります。

たまたま見つけたソフトがありましたので、それを利用させてもらって「聴く英論文」環境ができました。ワンタッチ(古い!)というわけにはいきませんが作業効率は許容範囲だと思います。ちなみに作成環境はmacを前提としています。

ということでとりあえずメモとして書き残しておきます。


手順1.VoiceRをダウンロード&インストールしてください。

Link: Mac OSX テキスト読み上げ録音アプリ作りました!


手順2.上記ソフトを起動して、PDFなど論文テキストをコピペしてAlexくんに読み上げてもらった音声ファイルを作成します。音声ファイルはaiffになるようです。


とりあえずここまででmacで再生することができます。どうせなら持ち運びたいでしょう?そこでiTunesに手順2で作成した音声ファイルをドラッグ&ドロップしてiPhoneと同期します。ミュージックアプリで再生できます。

で、当然、聞き返したくなる場合もありますし、文章の難度が高いと再生スピードを調整したくなりますよね?そこで探したら、ありました。


手順3.語学プレーヤー(NHK出版)無料アプリをダウンロードしてiPhoneにインストールする。

Link: 語学プレーヤー


語学プレーヤーはNHK出版の学習用テキストの音声を聴くことを目的としていますが、一般的な音楽ファイルも再生することができます。再生速度の変更、前後2秒のジャンプなど語学学習に必須の機能が搭載されています。

しばらく使ってみたいと思います。ちなみに、章ごとにファイルを作成してみました。全部通すとどこまで再生したかわかり難くなりますので。

もちろん、論文じゃなくて映画のスクリプトでも同じことができますし、TTSエンジンをKyokoさんに切り替えると日本語もいけるはずです。。。た、だめかVoiceRが対応していませんね。TTSの結果を音声ファイルに変換してくれるソフトがあればいいと思いますが。とりあえず。