memorandums

日々のメモです。

MS-Excel2011の印刷領域の自動調整機能

ひそかに進行してきた研究室のMac化計画はほぼ終了しました。しかし、ビジネスの世界?はまだExcelを必要とします。事務部への提出資料はほとんどがMS-Excel(もしくはWord)です。

MacにもExcel2011がありますのでそれほど問題なく作業ができます。ただ、一つ大きな問題として印刷出力イメージの差がありました。同じファイルを印刷してもなぜかMacでは縦が短くなります。。。しかたがなく印刷のたびにVMWare FusionWindowsで印刷していました。

最近知ったのですが、タイトルの通り、MS-Excelには印刷領域の自動調整機能があります。印刷イメージの差は埋まりませんが、なかなかいい具合に調整(拡大率と位置合わせ)して印刷してくれます。これくらいの差であれば事務部もスルーしてくれるようです。

具体的な使い方は以下です。もちろん標準機能ですのでご存知の方も多いと思います。もしご存知なければ一度お試しいただければと思います。

[ファイル] - [ページ設定] - [拡大縮小印刷]→自動調整を選択