memorandums

日々のメモです。

デスクトップを変更するためiPhotoを選択するとシステム環境設定が固まる

今日はこれにはまりました。。。

システム環境設定を開き、デスクトップとスクリーンセーバを選択すると見慣れないアイコンがありました(下図)。

何の写真フォルダだろうと思いクリックするとシステム環境設定が固まる。。。強制終了してシステム環境設定を起動するとまた固まる。

調べてみると~/Library/Preferences/com.apple.desktop.plistを削除するととりあえず固まらなくはなりました。ただ、この変なアイコンをクリックすると。。。時間があったので調べてみましたがなかなか解決方法が見つからない。iPhotoで同名のアルバムを作成して削除したら騙せるかとも思いましたがダメ。あれこれplistを削除してみましたがこれもダメ。

結局、やったのが以下でした。これで変なアイコンは消えてくれました。

~/Pictures/iPhoto Library/Database/apdb/Library.apdbを違う名前に変名します。例えばLibrary.apdb111とか。そしてiPhotoを起動します。するとライブラリが壊れているので再構築しますと表示され新しいLibrary.apdbが作成されます。このあとシステム環境設定画面を開いたら変なアイコン?が消えてくれました。

恐らく、前のシステムから移行した残骸?が残ったのでしょうか?とりあえずこれで対処できます。

注意!!!私のiPhotoには一切データが入っていませんでした。もしかするとLibrary.apdbを再構築すると写真やアルバムが削除されるかもしれません。もしこの操作を行う場合は、写真などデータはバックアップしてから行ってくださいね。

ちなみ私のマックはmacbook air 11インチ(初代)です。OSは10.7.1です。iPhotoバージョン9.1.5(615)でした。