memorandums

日々の作業ログです。

将来も大切、でも今も大切、だと私は思います。

数日前にある学生が部屋を訪ねてきて(彼の)将来ことについて相談にのりました。自分の将来をより良いものにするために今、彼が考えていることを話してくれました。

いろいろと話しましたが、彼に1つだけ伝えたかったことは、

考えているだけではダメ。実際にやってみること。できることからでいいから、とにかくやって経験してみること

でした。

いろいろと考えてイメージを膨らませることは大切ですが、実際にやってみると意外とイメージとは異なることが多いものです。向いていること向いていないこと。実際にやってみると良くわかります。

将来に備えて、いろいろと準備することは大切ですが、本当に目指していることが自分の欲していることなのかは将来にならないとわかりません。準備作業とは多少違っても、いろいろとそのときに感じていること、気に入っていること、熱中することがあれば、まずそれに取り組んでみるのがいいと思います。

将来、いきなり何かが変わるものではなく、今の自分がいろいろと経験を重ねて将来の自分になるはずです。大学を卒業する段階になっても自分が何に向いているか何をしたいのかわからない人はそうした日々の積み重ねを無視してきた結果だと思うのです。

難しいことはありません。自分が今、何をしたいのだろう?お風呂でも入りながらぼんやりと考えてみてください。将来のためアレコレしなければ。。。ということも大切ですが、自分が今、何をしたいんだろう?どうなりたいんだろう?ということをゆっくり考えてみてください。そして、何より、実際にやってみることです。

私は。。。学生のときに男の?回ローンで電子楽器を買って曲作りをしていました。なぜそんなことをやっていたかあまり思い出せませんが、ただただやりたかったんですね。。。それが就職や人生に影響しているかはわかりませんが、自分ができる範囲ではもう十分やりきった記憶だけはあります。才能がないこともよくわかりましたしね(笑)

サークルに熱中するのも1つですね。バイトも考え方次第では熱中する対象になるとは思いますが、好きでやっていることと違う場合は。。。普通の社会人と同じになってしまいます。そういう生活は社会に出ればできますよーーいやというほど。時間とエネルギーがあるうちに自分の好きなことをいろいろ試してみましょうーーー!!!