memorandums

日々の作業ログです。

はがきデザインキット2010

今年はこのソフトウェアを使って年賀状を作ってみました。ちなみに一昨年までは筆ぐるめ。昨年はキャノン?のウェブザービスで作りました。年末時期になるとコンビニの書棚に年賀状雑誌(ソフト+素材)が並びますね。これがタダで使えるなんて素晴らしい。。。初回起動時のニックネームの登録に時間がかかりましたが、デザイン面(裏面)の編集は全く違和感なく使えました。ただ、宛先面(表面)でいくつかはまったところがありました。本ソフトはAdobe Air上で動作するようなのでMacでもWinでも動作します。しかし。。。漢字コードや改行コードのチェックのせいか、住所一覧が文字化けしたり印刷プレビュー時に固まったり表示されないなど問題がありました。ちなみに私はmac(snow leopard)で利用しました。


具体的には、筆ぐるめ(WinXP)の住所録データをCSV形式でエクスポートしてそのデータをはがきデザインキットにインポートして利用することを試みました。恐らく、1件ずつ手入力すればはまることも無かったのでしょうけど。。。せっかく電子データがあるのですから利用したくなるのは人情だと思います。CSVデータをインポートするときに筆ぐるめの項目をはがきデザインキットの項目に対応づけて読み込ませました。確かに読み込むことはできるのですが(今も原因がわからないのですが)印刷プレビューに何一つ表示されませんでした。対処方法としては一件ずつ編集して保存すると印刷プレビューに表示され印刷できました。恐らく、何かしら必須のデータ項目がCSVデータには欠落しているのか、漢字コードや改行コードなどがソフトウェアの期待とは異なるため異常処理しているのだと思います(エラーメッセージが何も出力されないため何が悪いのかさっぱりわかりません)。商用というよりは研究用ソフトウェアに近い印象です。windowsのデータをmacに持ってきたときにCSVファイルに対して漢字コードと改行コードの変換を施したのですが、それが中途半端だったのかもしれません。ネットではこのような報告がないので、恐らく、レアケースなのだと思います。とりあえず今回住所データを作成したので、来年の2011ではこのような苦労は不要だと思います。来年に期待です。