memorandums

日々のメモです。

iPhoneと ZeptoPad2.0とプロジェクターをもって外で遊んでみました via shi3zの日記

遅まきながら研究アプリの入力でバイスに使用したく、マルチタッチデバイスを工作しようとあれこれ調べていました。

Youtubeなどにたくさんの方の作品が公開されていますが、応用例がJeff Han氏のデモの域を出ないようで。。。ちょっと寂しい。。。

最近はサイズを競っているようですが、スクリーンサイズが大きくなると操作が大変になります。直接操作は確かに楽しいと思いますが、実際に何かを目的として使おうとすると大変だと思います。そういうのが面倒なのでリモコンが開発されたと思います。

清水さんのこのデモを拝見してそんな疑問に対する一つが答えを見せていただいた気がします。

iphoneであれば操作は効率的です。プロジェクタ等で大きく投影すればこのデモのようにサイズ的に現実と融合させる面白さが実現できます。

iphone+ZeptoPad+ミニプロジェクタで楽しい作品が作れそう。ただ姿勢を固定していないと繊細な描画は難しそうなので、タッチエリアをもう少し拡大したいところではないかと思います。タッチ仕様のmacbookでやるのもありなのかも。