memorandums

日々のメモです。

誘惑に打ち勝つ

ポッドキャストで聞いているWeider POWER YOUR MORNING。先週の収録のミュージシャン菊地成孔が面白かった。無理をしないゆるい生き方がカッコイイ。特に面白かったというか気づかされたのは以下の語り。

今の世の中は、何かをやろうとしてもパソコンや他のことに誘惑されたりと自分のやらなければならないことに正面からしっかりと取り組めていない気がします。だから「やれてません。」、「できてません。」というような“本当はできるのに…”という意味合いを含んだ言葉をよく耳にすることになっているのだと思います。つまり、正面からやらなければならないことに対しての小さい誘惑のため、慢性的にやりきれていない状況が続いている状態と言いましょうか…。多くの人が目的地に辿り着けていないんじゃないかと思います。


研究者といえば一つのことを長期間にわたって追いかける人というイメージがあると思いますが、私は移り気な方(飽きっぽく中途半端)なので、あれもこれも勉強したくなります。時間はいくらあっても足りないという状況に陥ります。


本当にやらなければならないことを見極め、誘惑を排除して邁進することも大切だとこのトークで改めて感じました。寝る時間を削ってブログを書いている時点でダメなような気がしてなりませんが。。。w


卒研生のみなさんも快適かつ誘惑の多い自宅で作業するのも楽しいでしょうけど、制約の多いゼミ室で集中してみてはいかがでしょうか?(また説教くさくなってしまった。。。年だなぁ。。。)