memorandums

日々の作業ログです。

卒論を書いた学生が入社までにすべきこととは? via Lifehacking.jp

いつも楽しみに見ているmehoriさんのLifehacking.jpに私の周りの似たような話がありました。本学では明後日が卒研発表会です。それが終わるといよいよ大学生活もおしまいです。残念ながらmehoriさんの大学のように”1年間がんばった〜”といえる人は少ないですね。。。少なくとも私のゼミでは。結果二対する評価はどうあれ、自分なりにひたむきに努力して欲しかったのですけどね。。。それでも、彼ら・彼女らなりに締め切りには追われて成果を産み出しました。その点については達成感があるでしょう。


卒研が終わったあとにすべきこと、が表題のテーマです。私も考えてみましたが、1ヶ月やそこらで成長することは難しいでしょうし、必要なことは会社で教えてくれるでしょうから、わざわざ上司との話し方や電話の対応方法を覚える必要はないと思います。何かな。。。ちょっと観点は違うかもしれませんが、ぜひやっておきたいことを2つ考えてみました。

  • 在学中にお世話になった人にお礼を伝える。
  • 友人、先輩、後輩との連絡方法の確保。


恥ずかしいと思いますが、寮母さん、下宿の管理人さん、学生食堂の方、先輩、後輩、アルバイト先の方、特に出資してくれた保護者の方へ、お礼を伝えましょう。貴方の1つの人生期を支えてくれた人に感謝の意を伝えてください。次の新しい出会いへの切り替えにもなります。


大学で知り合った友人、先輩、後輩は一生の財産だと思います。私も卒業して15年近く経ちますが、連絡を取り合っている友人、先輩、後輩がいます。なかなか直接会うことは難しいですが、インターネットがありますからコミュニケーションすることはできます。企業人になると、なかなか業界を越えてコミュニケーションをとることは難しいですし、ましてや友人を作ることは難しいです。今ならMNPで携帯番号が継続するので難しくないと思います。どうしても削除したいというのであれば別ですが、卒業したからといって人間が180度変わるわけではありませんから、特に仲の良い友達の番号は保持しておいた方がいいと思います。


あと1ヶ月もしたら春ですねぇ。。。