memorandums

日々のメモです。

「遊びをせんとや生まれけむ」--生みの親が語るファミコン成功の秘訣 (via CNET)

ファミコンの生みの親である上村先生の講演。遊びは普遍。技術は道具。そして以下のお言葉も素晴らしい。

「勉強では手に入らない世界。経験しかないので、日常の中で『これ面白い』というものに対する感性をどう養うかだ」

ゲーム機やデジタル機器やインターネットが生まれたころから欲しいと思わずとも身近に存在する今の世代が何を”遊び”として発明するのか、楽しみでしかたがないです。安直に技術に逃げずに、何に楽しさを感じるのか、自分への問いかけが大切だと思います>ゼミ生。