memorandums

日々のメモです。

無線通信機能付きゲーム、旅客機内で禁止(読売ONLINEより)

今年の夏あたりに規制が始まるらしいです。

使用が制限されるのは、「ニンテンドーDS」(任天堂)、「プレイステーション・ポータブル」(ソニー)など、無線通信機能を使って他のゲーム機と接続、対戦ができる機器。ルール改正後も、通信機能を切れば、シートベルト着用の表示が消えた巡航時には使用できるが、客室乗務員から通信機能を使用していないか作動確認を求められることがある。

先日、飛行機にのったときに聞いた「電波を発する機器は機内ではご使用になれません」というアナウンスは微妙だなぁと感じました。そのとき、仕事でノートPCを機内で使用したのですが、そのPCには無線LAN機能がついているわけです。最近のノートPCならついていないものを探すのも大変なくらい。もちろん、Windows上で無効に設定はしたものの、本当に電波が出ていないのかはわからないわけです。「だったら使うな」となるわけですが。。。このゲーム機についても同様の問題といえるでしょう。5歳の娘でもDSを持っているのですけど、無線機能が切れているかどうかという認識は彼女には。。。恐らくないでしょう。

最近、ノイズキャンセル機能のついたヘッドフォンが流行っていますが、電波をキャンセル?することができる電磁シールドのようなものが開発できたら使い放題ですけどね。。。それとも有線に逆戻りするか?