memorandums

日々の作業ログです。

インタラクション2007

人間とコンピュータの相互関係に関わるシンポジウムです。昨年に引き続き参加しました*1

相変わらず「熱い」。知的興奮、いい刺激を頂戴できます。どの作品もとても面白かったのですが、実は一番刺激的だったのは岡ノ谷先生の「言語と歌の起源と進化」という招待講演でした。私だけかもしれませんが、意外性という点では工学より自然科学の方が勝るように思います。人工的ではない事実そのものの発見は説得力がありますし、意外性に驚きがあります。何より岡ノ谷先生のご発表が楽しげだった、ということが一番だったのかもしれません。

*1:残念ながら参加のみです。2008こそはぜひ出品したいと思います