memorandums

日々の作業ログです。

Multi-Touch Interaction Research

講義準備でネット検索していたら、偶然このサイト(Link)に行き着きました。タイトル名で検索してみると、既に色々なブログでコメントがありました。

New York UniversityのJeff Han氏がこのプロジェクトリーダをされているようです。

何はともあれ、このQuickTimeのデモいいですね。原理は違うかもしれませんが、東大の五十嵐先生が作られたもの(Link)と同様のキャラクタをスムーズに変形させる例もありました。GISっぽい応用例も。一つ一つは見たことがあると思いますが、これだけ網羅的に(デモ)システムを開発している例は見たことがありません。他のブログでもありましたが、NDSの例もありますし、いよいよタッチスクリーンを用いたインタフェースがコンピュータインタフェースの1つとして認知されてきているということですね。

AjaxでいうGoogle SuggestGoogle Mapsなどのように、この技術を使ったキラーアプリが現れたら一気に広がりそうな予感がします。

画像は、タイトルのプロジェクトほホームページより拝借しています。