memorandums

日々の作業ログです。

リモートワークではJINSのShort Temple Airframeが活躍しています

2年ほど前にネットでちょっと話題になっていたので買ったモノです。

www.jins.com

柄が短く耳にかけないのが特徴です。

最初はずれないのか心配でしたが屋内でふつうに生活している分には問題ありません(夕方、ちょっと皮脂でオイリーになってくるとズレたりしますが、オジサンなので。。。)

安くて良いものなのでJINSのメガネはたぶん7,8個くらいは買っていると思います。以前のメガネはほとんど捨ててしまっていますが、このメガネはずーっと使っています。振り返ってみると、買ってよかったなぁ。。。と思います。

先月くらいに買ったフレームがちょっと太めのメガネと並べてみました。こんな感じです。

f:id:ke_takahashi:20200521114057j:plain

新しく買ったメガネはちょっとごついのでずーっとしていると疲れます。

また、運転することも考えているので、ちょっと遠くも見えるように度数を強めに調整しています。

一方、Short Temple Airframeの方は屋内で使用するので弱めに合わせています。

レンズが小さいのでふつうのメガネと比べると視野が狭く運転時には利用しないように説明書に書かれていたように思います。屋内限定とまではいいませんが、屋内仕様ですね。

ただ、昨今のこの状況です。

外出する機会が減りました。

家で過ごして家で仕事をすることも多くなりました。

そんなときには、このメガネで十分です。

疲れにくいですし。

もし、メガネが合わないとか、疲れるとか感じている方がいらっしゃれば、ちょとと検討してみるとよいかと思いました。

ちなみにこれはオンライン限定商品です。

オンライン購入するときに度数を入力する必要があるのですが、もし数値がわかれば入力して自宅で商品を受け取れます。

度数がわからなければ、JINS店舗にいって計測してから注文し、店舗で受け取ることができます。

ハッピー、リモートワーク&メガネライフということで。

Googleのサービスを利用するときのアカウント切り替えはURLですればいいのか

背景

2週間ほど前からオンライン授業が始まりました。

授業資料配布・課題提出などはユニバーサルパスポートというシステムを利用してきました。

ただ、オンプレミスなシステムのためなのか?、オンライン授業で全学生・全科目が絶えず利用することを想定していない(スループット・HD容量)ようで、利用が禁止されました。

代替えとして、これまで利用したことも利用を検討したこともなかったGoogle Classroomを使うことになったのでした。

使ってみれば、これがなかなか便利で、さすが世界最高のエンジニアが集まる会社が作ったサービスだ。。。という感じです。

他のGoogleサービスと同様にマルチデバイスに対応していますしスマホアプリもあります。

若干、シンプルが故に使いにくいところがありますが、できる範囲で使っています。

Google Classroomでの配布物や提出物はGoogle Driveで管理します。

本学はG Suiteを利用していますので容量の心配は全くありません。ありがたいことです。

ただ、大学から与えられたアドレスでなければ利用できません。

スマホ含め、Googleのサービスは個人アカウントを利用してきました。

Google Chromeなどでログインしておけば 切り替えるだけ なのですが、意外とこの操作が面倒なんですね。。。

で、ちょっと気づいたんです。それが今日の主題。

本題

思い立ったらすぐにアクセスできるように、よく使うGoogleサービスは下図のようにブックマークバーを利用しています。

f:id:ke_takahashi:20200521103913p:plain

左から以下のような感じ。。。ほんとにGoogleさまさまです。もしGoogleがダウンしたら終わりですね。。。

Twitter, FB

で、★がついたサービスのURLは以下のようになっています。例えば、Gmailの例にします。

mail.google.com/mail/u/0/?tab=cm#inbox

この0はGoogleにログインしているアカウントのうち最初にログインしたアカウントを指すようです(デフォルトと書かれているかも)。

僕は個人のGoogleアカウントをメインに利用したいので、最初に個人で、次に大学でログインしています。

(今までこの仕組みは理解していたのですが、上記のようにサービスを使うときにブックマークバーを利用していたので気づかなかったんですね。。。)

ですので、個人のアカウントで利用したい場合は「0」を、大学のアカウントで利用したい場合は「1」を指定したURLをブックマークしておけばいいわけですね。すると、ブックマークバーを押した直後に必要なアカウントで各サービスにアクセスできるわけです。

めちゃくちゃ基本的なことなのに。。。いままで実行していませんでした(いちいち切り替えていた)

めでたしめでたしです。

ちなみに、これがわかるまで、Google Chromeに個人と大学の2つのプロファイルを作ってデフォルトを切り替えていました。。。これもまた面倒で非効率的でした。なんというか。。。灯台下暗しという心境でした。

さあ、仕事。

ニトリの椅子の足を切って高さ調整

4月からほぼずーっとリモートワークの日々です。

今週月曜日から前期授業が開始になりました。もちろんすべてオンラインです。

リモートワークを始めた当初は子供の勉強机を借りていたのですが、以下のようにちょっとしたスペースを作ってみました。

memorandums.hatenablog.com

家が狭いので、簡易的なのですが、陽が当たる部屋なので快適に作業できています。

ただ。。。椅子が高い。。。

丸椅子なので座面が狭くお尻がすぐに痛くなります(それはそれでいいんですね。。。長時間座っていると身体に悪いので)

とはいえ、姿勢が悪くなってしまい。。。肩こりがひどく。。。

机を高くしたり、椅子を別なものに変えたり、いろいろやりましたが。。。どうもしっくりきません。

ということで、ニトリのこの椅子の足を切ってみることにしました。

本日、出勤したので研究室で電動カッターと金鋸でゴリゴリやりました。

切断する前の椅子はこれです。

www.nitori-net.jp

結果はこんな感じです。5cmくらい低くできました。

f:id:ke_takahashi:20200513183010j:plain

f:id:ke_takahashi:20200513183023j:plain

もともとついていたゴム足(ゴムじゃないですが)をいい感じにつけました。

f:id:ke_takahashi:20200513183032j:plain

できれば、痔予防のため座面の中央に穴を開けたかったのですが。。。それは止めました。

非常事態宣言は解除される方向らしいですが。。。まぁ、リモートワークはまだまだ始まったばかりと思います。

しばらく試したいと思います。

学校のチャイムを家でも鳴らしてみたい

※翌日、使ってみたのですが、Chromeのポリシー違反で時間が経ったりユーザが操作していないと音の再生ができないみたいです。。。要は使えませんので。。。そのうち修正します。


背景

オンライン授業開始まで秒読み段階まできましたね。。。たぶん、多くの学校が同じと思いますが、うちの大学も11日からスタートです。さて、どーなりますやら。。。

さて。

いつの頃からか、うちの学部で時限の開始と終了を知らせるチャイムが鳴り出しました。確か。。。センター試験の関係だったような気がしますが。

最初は「うわ、高校みたい。。。」って感じがしたのですが。。。慣れてみるといいもので、授業の区切りにもなりますし。

ただ。。。

学生さんの学内立ち入りも禁止されていますから、基本的に学生さんも自宅での受講になります。

教員も研究室もしくは自宅からの講義になります。

どっちらもこれまでの学校とは別の世界で生活していて、いきなり、その時間だけ画面を通して学校の世界にダイブインする感じになります。

うーん。何とも不思議な世界です。

いや、いいんです。new normalですから。

それでも、やはり、学校にいる感じを味わいたい(いや、味わなくてもいいけどミスらないようにしたい)ということもあるかと思います。

ということで、今日の昼くらいに思い立って時限の区切りを通知するシステムを作ろうと作業開始しました。

最初は、Google Chrome拡張機能で時限の区切りにpush通知を送るようにしょうとしました。Chromeサンプルが公開されているので、そんなに難しそうではありませんでした。

ちょっと作り始めたときにちょっと思ったんですね。

同じようなことを考えている人は他にもいるんじゃないかって。

うちの学部は区切り時刻が特殊(1限始まりが9:20)なので、せっかく作ってもうちでしか使えません。それはそれでもったいないな。。。と。

どうせ作るならたくさんの人に使ってもらいたいな。。。と。

で、方針転換して、いつものGASでWebページを作って、時刻をlocalStorageに格納して、ブラウザさえ開いていればどこでも使えるようにしたらいいかな。。。と思ったわけです。

はい、ここまでが経緯でした。


本題

完成したページは以下になります。

自宅で学校のチャイムを鳴らそう!

開始と終了時刻を入れるだけです。それぞれの時刻になったらチャイムの音がなります。それだけです。時刻はブラウザ(のlocalStorage)に保存されますので、一度設定すれば再設定は不要です。デザインは適当なので。。。そのうち綺麗にします。


苦労点

特にないですが。。。1点だけ。音声ファイルをGoogle Driveに格納して公開し、そのURLをAudioクラスに指定して読み込もうとしたらCross-Origin Read Blocking (CORB) blockedと。。。ダメかな。。。とあれこれ探した結果、以下のページに解決方法が書かれていました。ありがとうございました。

www.pre-practice.net

うちは基本的に5時限までしかありませんが、高校とかは7限とか場合によっては0限とかあると思いますので、少し欄を増やしました。もし、よければ使ってください。スマホでも動作すると思います。


さあ、オンライン授業、どうなりますかねぇ。。。不安はあまりありません。むしろ楽しみですね。

2020のGW終了

Processingはサクッとアイデアをコーディングできるし、マルチメディアの対応も万全なのでプロトタイプ開発に向いているツールなんですが、ここ数年はあまり触ることもなくなりました。

そんな中、ツイッターで#つぶやきProcessingという活動をみつけてから面白くなりいくつかツイートしてみました。それでも、アイデアとやる気がなくなったら止まってしまうもので。。。

#つぶやきProcessing が楽しい - memorandums

ここ1ヶ月くらいはオンライン授業の対応やら何やらでアウトプットもない日々が続いていました。

そんなGWに、以下のツイートを見かけました。お題か。。。無駄な抵抗。。。なんかできそう。

無駄な抵抗な感じをイメージしながら、手探りでコーディングスタート。とりあえず以下のような感じにできました。無駄な抵抗というより、ひたすら前進する健気な感じが好きです。自分で言うのも変ですが。

一昨日のお題は「目分量」。ぱっと思いついたのは、子供の頃にジュースをわけて目分量だから不公平になる感じを再現したかったのですが。。。#つぶやきProcessingにするには難しそう。ということでケーキにしてみました。正直、あまりおもしろくないですね。。。

そして昨日は目撃者。目が動いている感じのイメージはすぐに浮かんだのですが、それだけではちょっと寂しいなぁ。。。と。夜中にゴソゴソ動いていて電気がぱっとついたら「あー見つかっちゃったー」という感じがいいのかな。キャラはあれこれ作りながら修正して結局、パックマンのモンスター風になりました。

そして、GWラストの今日のお題は「ヤマタノオロチ」でした。

オロチが頭を動かしている恐ろしい感じを表現しようとしましたが、やはり、#つぶやきProcessingするには無理そう。とりあえずオロチの頭が楽しげにユラユラしている感じがいいな。。。と思って作っているうちに音楽も入れたほうがいいな。。。からの星野さんのコラボ動画を思い出しました。最終的に以下のようになりました。星野さんの動画と曲のおかげでしょうけど、この4作で一番のお気に入りです。

楽しいGWでした。

GW向けにいろいろとStay at Homeを支援する無料サービスがあったんですね。。。

リンク集から、すぐにアクセスできそうなリンクをさらに抽出しました。

yomeruba.com

news.kodansha.co.jp

stories.audible.com

audiobook.jp

kids-km3.shogakukan.co.jp

www.atpress.ne.jp

www.kodomonokagaku.com

fce-publishing.co.jp

sonorama.asahi.com

csbs.shogakukan.co.jp

近大マスク作ってみた

今朝、スマホを見ながら「近大、マスクつくったんだってよ〜」と。

医学部もあるし薬学部もあるし作ってもおかしくないよなぁ。。。と思って、ページを見せてもらったら。。。ガーン。

やられた、という感じ。いや、さすが、という方が正しいかもしれない。

nlab.itmedia.co.jp

斜め上をいく発想と企画力。

いったい誰が考えて、そのアイデアを実現するんだろうか。。。

今日もリモートワークでしたのでカラープリンタもA4版しか印刷できなかったのですが、せっかくなので作ってみようと思いまして。

普通紙だと強度的にアウトだろうな。。。と思いながら、とりあえず作ってみようと。

PDFは以下からダウンロードして印刷しました。

https://www.kindai.ac.jp/kindaipicks/pdf/maguro_mask.pdf

ラインが波打っているのでハサミで切るのはちょっと面倒ですが。とりあえず切り離して、のりしろをセロテープで止めて、膨らむようにティッシュを詰めて、既製マスクから取り外したひもをホチキスで取り付けました。

とりあえず人形にしてみたのが以下。

f:id:ke_takahashi:20200504125301j:plain

それを見ていた娘につけてみる?と聞いてみたらサクっとつけてくれました。

f:id:ke_takahashi:20200504114550j:plain

意外と面白がって数分間、遊んでいました😁

これを外でするのはなかなかハードですが。

リモートワークで煮詰まったときに、これをつけてマグロになりきってみると気分も晴れるかも?です。

いや。。。これを企画する人の頭の中をみてみたいです😁