memorandums

日々のメモです。

iPhone3GSに何とか使いたい

出前講義で古いiPhone見せたら興味を持つだろうか?とふと思い、iPhone3GS(国内では初期)をネットで購入しました。

確か3800円くらいです。

商品が到着したもののSIMがないため起動せず。。。放置していました。

1週間ほど前に思い出してAmazonアクティベーションカードを購入(400円未満!)し、本日、届いたので早速iPhoneに差し込んでみました。

起動してwifi接続したもののYouTubeはダメ。プラウザがかろうじて動く感じ。昔、こんなにもっさりしてたっけなぁ。。。

とりあえずブラウザの新し目のやつをいれたら何かできるかも?と思い、iPhone上のApp StoreChromeを入れようとしたら。。。できず。

f:id:ke_takahashi:20181001171128j:plain

なぜだめか?Apple IDとパスワードを入れると以下のダイアログが表示されます。

f:id:ke_takahashi:20181001172021j:plain

このダイアログが表示されたときに、自動的に信頼されたデバイスの1つであるMacbook上の確認コードが表示されるので、それをパスワードの後ろに打ってみたのですが。。。ダメ。

2ファクタ認証を切ればいいんじゃね?と思いつき、Apple IDの管理ページに飛んでいったものの、ネット上の記事にはある「2ファクタ認証を無効化」するリンクがありません。。。

Safariならできるんじゃないかと思い、同じ操作をSafari上でやってみたものの表示は同じ。

さらに調べていくと、最近、取得したApple IDはAppleの方針で2ファクタ認証を無効化できない、らしい。僕のIDはずいぶん前に取得したものですが、ダメなんでしょう。。。

万策尽きた。。。

じゃ、古いデバイスではもうApple Storeとか使えないじゃん。。。と思って、さらに調べていくと、古いデバイスでも2ファクタ認証に対応しているんだとか。

このページの下の方に確かに書いてありました。

方法は「確認コードを入力する欄は古いOSでは表示されないのでパスワードのあとに続けて入力しなさい」ということです。これって上の方でやったんですけどね。。。と思ったら、上記のやり方では確認コードは1回遅れ?になっちゃうんですね。。。確かに変だな。。。と思っていたんです。

確認コードを事前に入手する方法があるんですね。こちらのページにかかれていました。

Macの場合は以下の手順になります。

Mac では、以下の手順を実行してください。

Apple メニュー >「システム環境設定」>「iCloud」の順に選択します。

「アカウントの詳細」をクリックします。

バイスがオフラインの場合は、「確認コードを入手」をクリックします。デバイスがオンラインの場合は、「セキュリティ」>「確認コードを入手」の順にクリックします。

これでうまくいきました!!!

で、早速、iPhone上でApp Storeを開き、Chromeをインストールすると。。。「iOS10以上が必要だよ」と。そりゃそうですよね。。。

で、こちらのページによると調べると古いバージョンのアプリをインストールできるとか。なんか昔聞いたことがありました。

あ、ちなみにiTuneの古いのとかMacに入れるのが嫌だったのでVirtualBox上のWin10でやっています。

で、今ココです。

さて、うまくいきますやら。。。

<追記>

やっぱダメでした。iOS4はあまりに古すぎるようです。古いアプリのダウンロードにも対応していません。脱獄するしかないかなぁ。。。本体がそもそも遅いから。。。面倒。よっぽど暇じゃないとできなさそう。