memorandums

日々のメモです。

想夫恋、美味いです

10年以上前に福岡(飯塚)にきたときから、この想夫恋の看板は目にしていました。

日田焼きそばの想夫恋

そもそも、なんて読むんだろう。。。という感じですが(ソウフレンと読むそうです)。

これまで一度も行ったことがありませんでした。

なぜか?

「やきそば?家で食べれるじゃん。。。店で食べて違いがあるとは思えない」と感じていたからです。

今日、午前中に小倉で非常勤があり、大学に戻る前に小倉駅で食事しようと店を探しました。

ちょうど駅チカに想夫恋があったので。

頼んだのは一番人気?とメニューに書かれていた生卵入りです。税抜き900円。ラーメンやうどんと比べると若干高めです。

昼時だったので10分くらいかかったと思いますが、来たのがこれ。

f:id:ke_takahashi:20180412131343j:plain

見た目はフツーの焼きそばです。

食べてみると。。。「違う」。いつも家で食べているのとも、キャンプなどで食べるものとも全然違いました。

まず、麺に油っぽさが全くないこと。そして、食べるとたまにシャキシャキする硬い部分もあり、それがまたいい。

ソースの味は食べたことがありません。ソースとも醤油ともいえない。。。独特な癖になる味です。

ご飯がサービスでつきましたが、これまた合います。

食べず嫌いとはまさにこのことをいうのでしょう。。。恐れ入りました。

ホームページによると日田発祥とか。

焼きそば、侮るなかれ。

B級グルメとして、各地で焼きそばを目にすることがありましたが、たぶん、そこそこで違って美味しいのでしょうね。

食べ比べしてみたいです。