memorandums

日々のメモです。

Pebble修理

1、2ヶ月前くらいから愛用しているPebbleの画面がこんな感じになっていました。安っぽい(実際に安いんですけどね)けどなんか気に入ってずーっと使ってきました。

f:id:ke_takahashi:20171101131118p:plain

寿命かな。。。と思って代替えの時計を探したりしてなかなか見つからずにいました。先日、Indiegogoで見かけた以下の時計が面白そうでポチった次第でした(入荷待ち)

watchX

今日、昼ごはんの用意をしながらネットを見ていたらPebbleを修理したというページがいくつかあることに気づきました。調べてみると簡単そう。早速試してみました。参考にしたのは以下の動画です。

www.youtube.com

この動画によると画面にノイズがはいる原因は基板とディスプレイを接続する(柔らかい)シリコン端子?が接触不良になるためのようです。絵にしたのが以下です。

f:id:ke_takahashi:20171101131857p:plain

青が基板、下がディスプレイとします。基板とディスプレイを繋ぐもの?が立ててあり、その接触が悪い。。。ので、赤のシートのようなものをいれて蓋をすることで接触を良くしようというアイデアのようです。

以下が作業です。基本的に上記の動画の通りにやりました。

時計の裏蓋をとめている4つのネジを外せば裏蓋が取れます。ネジは星型です。私はiPhoneかHDDの解体キットについてきた以下のドライバーを利用しました。

f:id:ke_takahashi:20171101132553p:plain

裏蓋を外すときにはそーっとですね。要注意ですよ。振動モーター(下図の赤丸)が裏蓋に接着されています。勢いよく外すと切れてしまうでしょう。

f:id:ke_takahashi:20171101132634p:plain

で、詰める紙片を作ります。サイズは振動モーターのサイズくらいです。

f:id:ke_takahashi:20171101132130p:plain

紙片をいれて裏蓋を戻します。

f:id:ke_takahashi:20171101132754p:plain

たったこれだけなんですが。。。復活しました。ノイズは全然はいりません。使えちゃったよ。。。watchXどうしよう☺️