読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandums

日々のメモです。

降車ボタンつき電車

今日は非常勤のため小倉に向かい、講義後、大学のある飯塚まで電車で移動しました。

折尾から直方(ノウガタと発音します)までの電車が以下の車両だったんですね。

f:id:ke_takahashi:20170413141951j:plain

綺麗でかわいらしい感じ。車内もとても綺麗でした。

車内放送で「ドアは自動的に開きません。。。」というアナウンスが。

ふと見ると以下のボタンがついていました。

f:id:ke_takahashi:20170413141924j:plain

おおっ! 降車ボタンではないかぁ!

地方で電車に乗るとたまに見かけるボタンです。

これ欲しかったんですね。。。行き合い待ちで山奥のホームでドアを全開にしたまま5分以上停車することもあるんですね。夏場に夜中にです。

当然、虫が車内に入ってくるんですね。。。あれ、嫌だったんです。乗降客が少ないならこのボタンがあればいいのになぁ。。。といつも思っていました。

ただ、僕が利用する「福北ゆたか線」ではこの車両は見かけたことがありません。

乗降客が多いからかなぁ。。。車両ぐりを考えると、簡単には路線に配置できないんでしょうけど。。。

ぜひ、これを導入して欲しいです。

ちなみに、降車ボタンに慣れていない人が多くいて、電車が停車したのにボタンを押さないため降りれない人を何人か見かけました。

慣れの問題でしょうけどね。。。