memorandums

日々のメモです。

macOS SierraでTime Machineの定期バックアップが「準備中」から進まない件

常用のMBAのデータを定期的にバックアップするため無線LAN経由でTime Capsuleに接続しています。

本題とは関係ありませんが、ちなみにこのTime Capsuleはなかなかの年代もので。。。一度廃棄しようと思ったあとHDD交換して利用しています。詳しくは以下。

memorandums.hatenablog.com

で、少し前にこのMBAをSierraにアップデートしたのですが、フルバックアップのあとの差分バックアップが「準備中」から全然進まなくて困っていました。

「準備中」のときにコンソールを見ると以下のメッセージが大量に吐き出されていて。。。なんかおかしいわけです。

AFP_VFS afpfs_vnop_ioctl: afpfs_FindForkRef failed -1

このエラーメッセージをもとに調べると、以下のような書き込みがありました。afp接続ではなくSMBで接続しろとか。。。サーバー接続でSMBを選択して接続してみましたが状況変わらずでした。。。

Timemachine backups no longer work with MacOS 10.12 - Synology Forum

さらに調べて見ると、MBAで稼働中のウィルス対策ソフトSophosによるエラーメッセージだとか。

community.sophos.com

じゃ、別のウィルス対策ソフトに変えようと思い、以前、Windowsで使ったことのあるAvastを入れました(無料版ばかりですね。。。大学で契約しているやつもあるのですがめちゃくちゃ重いので使っていません。。。)

でも、状況は変わらないんですね。。。

そのとき、ちょっと思い出したんです。

Sierraにアップグレード後のフルバックアップに時間がかかったので、短縮するため有線LAN経由でTime Capsuleに接続してバックアップしました。試しに、無線LANを無効化して有線LANで接続するとTime Machineのバックアップが開始しました。。。

その後、無線LANを活かして、かつ、有線LANも活かした状態でTime Machineのバックアップを開始しましたが、また、「準備中」から進みませんでした。

この症状から想像するに、Time Machineで登録しているバックアップディスクのパス?が有線LAN経由固有のものであるように思えてきました。事実かどうかはわかりませんが。

そこで、現在、Time Machineに登録済みのディスクを削除して、無線LANだけ接続している状態で認識したTime Capsuleのディスクを登録しました。

すると。。。バックアップが開始したんですね。。。ちなみに上記のメッセージ(AFP_VFS ...)は無くなりました。Sophosをアンインストールした影響と思われます。

うーん。でも、あまりこの情報って日本語のページでは報告されていないんですね。。。とりあえず以上です。