memorandums

日々のメモです。

Eclipseでワークスペースを切り替えるとプロジェクトが消えていたとき

Eclipseの.metadataをあれこれ調査してました。

ワークスペースをあれこれ変えては確認していたのですが、そのうちにオリジナルのワークスペースに戻したところ開発中のプロジェクトが見えなくなりました。

ワークスペースには実体のファイルはありますが。。。管理ファイルが壊れたか、空で上書きされたもようです。

とりあえずワークスペースをデスクトップ等にコピーして、元にあった場所にワークスペースを新規作成して、Eclipseのインポート機能で戻そうとしたら。。。エラーの山。

Eclipseのプロジェクトエクルプローラ上のプロジェクト名の横にビックリマークがたくさん。

原因は、プロジェクト開発時のJavaのバージョン(1.7)と、Eclipseが自動認識したJavaのバージョン(1.8)が不一致であることのようでした。

プロジェクトごとにビルドパスを1つ1つ開いては変更してもできそうですが。。。もっといい方法がないかと。

以下の方法がいいようです。もっといい方法があるかもしれませんが。

(1)Eclipseワークスペースを新規作成します。

(2)Eclipseの環境設定を開き、Java - Installed JREsを選択します。これを先にやるのがミソと思います。

(3)そこでADDボタンを押して、プロジェクトが使用していたバージョンのJREを選択します。具体的にはMacであれば/Library/Java/に以前使用していた旧バージョンのJREがあるはずですので、それを選択します。あとは自動認識したEclipse上のJREの設定は消します。

(4)あとはプロジェクトをインポートすればOKです。

たぶん、.metadata内の.projectなどをいじれば復活しそうですが、とりあえずこんな方法がありましたよ、という報告でした。