memorandums

日々のメモです。

べいまっくす

昨日、5歳の娘と留守番していて、暇だったので近所のイオンシネマでやってたベイマックスを観に行ってきました。

映画の映像は素晴らしく。ユーモアもあり。アニメっぽいけど実写のような細部の作り込みに一人感動していた。。。あんな映像をDK2で観たら気絶するだろうな。。。とか。

一人で映画に行くのは億劫だったのですが、「子守」+「観たかった映画が観れる」という大人の打算という少々の罪悪感を感じつつ。。。

それでも子供だから喜んでくれると思いきや。なぜか娘が浮かない顔。

映画の最後にはしくしく泣きだす始末。

「おかあさーん」と。。。

確かにラスト前にベイマックスが・・・・・・・・・(←やばいネタばれだった)だったけど。

それでも最後にはハッピーエンドだったと思うけど。。。Why?

あとで聞くと、ベイマックス=怖い映画、という思い込みがあったようで。

ちょっと前にベイマックスの絵本を買って帰ったことがあり、それで十分だったそうで。

確かに、悪役が出てきて子供には怖い映像だったのかもしれません。

あんぱんまんに出てくる悪者は怖くないのかなぁ?

プリキュアだって悪者が出てくるけどなぁ?

基準がよくわからないけど5歳の子供へのサプライズにはもう少し下調査が必要だったようです。

同じようなことを計画しているお父さん、ちょっと用心した方がいいですよぉ。