読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandums

日々のメモです。

期限

期限は守らなければなりません。

守れるようにリスクを想定した上で準備計画を練ります。

期限は約束です。

約束は守るもの。

約束は信頼関係の基礎です。

もし約束を守れなかったら誠心誠意謝る。

謝って済むことでなくてもまずは謝ります。

期限や約束を守ることと、自分の都合を天秤にかけたときに、どちらを優先するかは個人の価値観によります。

個の都合より仕事や会社を優先すべきか。個を優先すべきか。

国や地域や組織によって異なるでしょうし。多様性もあることと思います。

僕の中では僕の価値観があり、学生さんにも当然、学生さんの価値観があります。

学生さん自身に準備不足の非がある場合で、どう考えてもこの場合は期限を優先すべきでしょう?というときに個の都合を優先したら指導します。もちろん言葉で説明します。ゼミ生であれば特にです。

僕も企業を去って10年過ぎ、世代交代で常識も少しずつ変わってきているかもしれません。

彼ら彼女らが入社する企業がどのような価値観を持っているかわかりませんが。

やはり最低限、守るべきことは守って欲しい、そう私は願います。