読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandums

日々のメモです。

BT-200

EPSON MOVERIO シースルーモバイルビューアー BT-200AV

EPSON MOVERIO シースルーモバイルビューアー BT-200AV

なかなかGoogle Glassが発売されません。ずーっと待っているのですが。。。先日、ヨドバシでこれを見かけて(学生くんの卒業研究で)使えると思い発注しました。

数日前に業者さんから納品があり基本的な機能について確かめました。ここ2日間くらいの行動をレポートしたいと思います。

基本的にはAndroid(4.0.4)のようですが、Android Marketがありません。エプソン独自のマーケットからアプリを入れる必要があるようです。

まずユーザー登録から。

が、文字入力が大変。。。トラックパッドでマウスカーソルを動かして所望の位置でタッチして1文字1文字入力します。2、3文字ならいいですが数十文字をこれで入力するのは厳しいです。

たまたまゼミ室に転がっていた数年前に購入したBluetoothキーボード(ロジクールDN-500)がありましたのでそれを使ったら快適なこと快適なこと。Twitter経由で教えて頂いたのですがこの手の商品はたくさんあるようです。

LOGICOOL ディノボ ミニ ワイヤレスキーボード Bluetooth採用 英語キー配列 DN-500

LOGICOOL ディノボ ミニ ワイヤレスキーボード Bluetooth採用 英語キー配列 DN-500

で、とりあえずマーケットからアプリをダウンロードして遊んでみましたが「これは!」というキラーアプリは見つけられなかったような気がします。。。disる気持ちはないのですが正直な感想です。

で、自作のAndroidアプリをBT-200に転送できるか確かめようとあれこれしたのですが。。。結果的にUSBデバッグのメニューが表示できず。。。どうすればいいのか途方にくれていたところ、これまたTwitterで教えてくださった方がいらっしゃいました。ありがとうございました。

EPSONのサイトで開発者申請したのですが返信がぜんぜんきません。時間がなかったので上記で教えて頂いたリンク(apkとマニュアル)をもとにアップデート(※開発者用のファームウェアに書き換えなければいけないのです。まるでroot化ですね。。。)し、USBデバッグメニューがめでたく出てきました。めでたしめでたし。

その後はスムーズで。

Processing for Androidで簡単なアプリを動かしました。これもOK。

続いて、以前にAndARを使ってちょっとしたプログラムを作ったことがあるのですが、このアプリを動かしてみました。

これもそれなりにスムーズに動かすことができました。その様子は以下です。見にくいですが。。。雰囲気はわかっていただけるのではないかと思います。


AndAR Sample Apps on BT-200

とりあえず僕の仕事はここまでで。

あとは学生くんに素晴らしいアプリ!?を作ってもらえたらな。。。という期待を込めてレポートを終えたいと思います。