memorandums

日々のメモです。

Excelソルバーはmacでも使えるんですね

今年の2月にExcelソルバーの使い方について書きました

このときはVMWare上のWindows7(Excel2010)で操作しました。

というか統計ツールやソルバーなどはWindowsでしか使えないと思い込んでいたこともあります。

で、たまたまネットを見ていたらMac(Office2011)でもソルバーは使えるんですね。。。知りませんでした。

で、2月のものをExcel2011でやってみた、というのが本エントリーの内容です。

ソルバーを使えるようにするには、Excel2011を起動してから、[ツール]-[アドイン]を選択して以下のチェックをオンにします。

f:id:ke_takahashi:20140804132302p:plain

そのあと、ふたたび[ツール]メニューを押すと、メニューの最下段に「ソルバー」というメニューが追加されます。これを選択するとWindowsと同じメニューが表示されます。

あとは違いのみ書きます。具体的な手順は上記の2月のエントリーをご覧ください。

ワークシートに必要な情報を入力して「ソルバー」を押して目的関数や制約条件を入力します。

で「解決」を押すと。。。なぜかxとyは整数と制約条件を書いているにも関わらず実数になります。

ソルバーダイアログのオプションボタンを押すと「整数制約条件を無視する」がデフォルトでオンになっています。。。なぜだろう?とりあえずこれをオフにして再度「解決」を押すと計算できました。

しかし。。。計算はできるのですがなぜか問題レポート画面(Solverが予期しない理由で終了しました)が表示されます。

よくわかりません。。。でも計算できるからとりあえずいいか、という感じです。

アドインに問題があるのか?そもそも10.9には対応していないのか?歴史的経緯を考えればそもそもMac版のOfficeをMSがまじめに作っていない(失礼しました)のではないかと思うことが多々あるのでしかたがないと諦めます。

とりあえず動かせるだけまだいいでしょう。必要な方はトライしてみてください。

Link: 本エントリーで使用したExcelファイル