memorandums

日々のメモです。

努力する人間になってはいけない

休みの日にジュンク堂に行ったときにたまたま目にして買いました。

タイトルがいいですねぇ。その意図は本文の中にあります。

努力しても結果が出せない人はダメ、結果が出せない人はエゴで自分のやり方を変えようとしない、がんばっても結果が出せないものだから、まわりも扱いに困る、結果、いらない社員ナンバーワンになる、だから努力する人間、努力だけしていればいいんだという人間にはなってはいけないよ、ということが本書のタイトルで伝えたいことのようでした。

ブログなどに書き溜めたものを書籍化した内容とのことです。教員として耳の痛いこともたくさん書かれていました。。。反省して活かします。

厚い本ですが、前半は特に興味があって読みました。後半はかなり流して読みました。

高校生や大学生が読んで、どの程度わかるか、想像できるかわかりませんが、自分の将来の進路を考えている方は手に取って読まれたら、と思います。

特に「就職活動への檄20箇条」は読まれたらいいかな、と思います。著者の意図を理解できるかどうかはわかりませんが。