memorandums

日々のメモです。

MS-Word2011のカーソル点滅速度を変更する

盆も明け(といっても実家には帰省せずずーっと福岡にいたわけですが)、23日締切の論文をそろそろ書こうとしています。

学生の頃はTexを使っていましたが、今はMS-Wordオンリーですね。。。賛否両論あるようですがMS-WordTexの両方のテンプレートを用意してくれるところがほとんどですから実質的に困ったことがありません。

さて。

Mac上のMS-Word2011で作業しているのですが、カーソルの点滅速度がとても気になります。

なんでいままで気にならなかったのか。。。不思議なのですが。。。

点滅速度が遅く、カーソルを移動すると、どこにカーソルがいったかわからなくなります。。。しかも電車内では11''のMBAで作業しますので目がしょぼしょぼです。

とりあえずぐぐってみたところ解決方法がありました。WindowsではレジストリをいじればいいようですがMacでは以下で調整が効くようです。ターミナルで以下を入力してください。

defaults write ~/Library/Preferences/com.microsoft.Word.plist NSTextInsertionPointBlinkPeriod -int 500

最後の数字が点滅間隔(恐らくms?)なので、この数値を小さくすると点滅速度をさらにあげることができます。

ただ。。。なんか動きが変なんですね。Word内で表示更新するときにも強制的にカーソルを表示しているような動きのため、ページを頻繁にスクロールするとやたらと点滅する感じになります。

まぁ、見失うよりは作業に支障にならないのでしばらく使ってみようと思います。

参考サイト:Office 2008 Cursor Blink Rate