memorandums

日々のメモです。

2台のmacでEclipseのworkspaceをDropbox経由で共有するのがうまくいかず。。。画面共有でとりあえず解決する。

タイトルの通りです。

これまでDropboxにworkspaceをいれて2台のmacで共有してきました。同時に起動するとおかしくなることがありましたが、なぜかさきほどからまったく同期がうまくいかず。。。

片方を空にしてプロジェクトファイルをworkspace外に移動してインポートしてもうまくいかず。

あれこれやること1時間。

諦めました。というかEclipseの設定ファイルがおかしくなってプロジェクトファイルがもろとも消えてしまいました。たまたま上記の操作でコピーしていたので助かりましたが怖くなりました。

昔のファイル同期システムにありましたね。。。消したことが伝搬してすべてのファイルが消えるという恐怖。

とりあえず解析している時間もないのでマシン別にworkspaceをDropbox上に作り、それぞれのmacで利用することにしました。ただ、使い勝手が悪いので。。。

もう少し説明しないとわかりませんね。。。すいません。

通勤中に利用しているのがmacbook air 11''。研究室にいるときにはシネマディスプレイにつけたmacbook proを利用しています。研究室で作業した後、airに同期する。。。大変ですし間違いを起こしそうです。

で、タイトルの通り、macbook proからairに画面共有で接続して利用することにしました。常にairのEclipseが最新になっている。。。という具合です。

ごくふつーな解決方法ですが。。。まぁ、こういう方法もあるということで。

シネマディスプレイで表示している様子は以下のような感じです。

f:id:ke_takahashi:20130501210657p:plain

この画面をみて、どうせならVMWare FusionのUnityモードのように複数のmacのアプリを1台のmacに集められたらいいのにな。。。と思ったりしました。昔のXでのrshみたいな感じですかね。