memorandums

日々のメモです。

JD-Eclipse 1.0.3をインストールした

JD-Eclipseをインストールしてみたのですが、最初うまく動かずあれこれ探して試したのですが、実はこれは古い情報で。。。とよくあることを経験しましたので、メモ。

私の環境はOSX10.8.3。EclipseはIndigo。導入したのはJD-Eclipse1.0.3です。

Install Softwareからうまく導入できませんでした。で、Zipフィアルを本家のここからダウンロードして、Install New SoftwareでAdd RepositoryにArchiveでzipファイルを登録してインストールしました。

で、恐らく上記のあれこれの作業の残骸が残っていたからだと思うのですがうまく動きませんでしたので確認ポイントを示します。

上記の通り、zipファイルでインストールがうまく通ったら、jarファイルなどのclassファイルをダブルクリックすると逆コンパイルされたソースが見れる。。。はずですが、見えない場合、Eclipseの環境設定からFile Associationsを選択して以下の画面になっていることを確認しましょう。恐らく、うまく動かない場合はClass File Editorに(default)がついていないはずで、その場合はClass File Editorを選択してDefalutボタンを押せばうまくいくはずです。この設定がうまく伝搬しないのかEclipseの再起動などするとうまくいったこともありました。

f:id:ke_takahashi:20130401121310p:plain

あと、(僕はミスってやってしまったのですが)もし手動でzipファイルからpluginフォルダに直接jarファイルを入れてしまった場合、32ビットの(jd.ide.eclipse.macosx.x86_0.1.3.jar)の残骸が残っていて、それを参照しようとしてWrong Architectureなんとかとエラーがでる場合があります。その場合はjd.ide.eclipse.macosx.x86_0.1.3.jarを消してEclipseを再起動すればうまくいくはずです。