memorandums

日々のメモです。

自炊の仕上げ方法(製本)に関する一試行

最近また自炊を復活しています。やはり書籍を持たないのはありがたい。で、自炊したあとが一番厄介です。そのまま捨てることはなかなかできないので、これまであれこれ工夫して製本作業をしてきました。電ノコで背面にきれめをいれて。。。クランプで固定し…

WIRED.jp VOL.5

WIRED VOL.5 GQ JAPAN.2012年10月号増刊出版社/メーカー: コンデナスト・ジャパン発売日: 2012/09/10メディア: 雑誌購入: 6人 クリック: 27回この商品を含むブログ (13件) を見る今日(昨日か)、博多駅前の紀伊国屋に立ち寄ったときに手に取りました。「未…

イングリッシュ・モンスターの最強英語術

ひさしぶりに英語学習のノウハウ本を買いました。学生の頃、サラリーマンの頃、あれこれと本を買い学習方法を試したりしてきました。それも3日坊主。一番長く続いたのはNHKのラジオ講座を録音して100回聞くっていう方法をネットで知り、安物のICレコーダ…

オブジェクト指向プログラミング

2回生向けのオブジェクト指向プログラミング演習という科目を担当しています。主の先生の応援役みたいなものですけどね。今日は講義でinterfaceやabstract classを学習したので演習もそれに関連したものでした。で、演習内容は別として、より発展的な学習を…

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた

読みました。グーグル(特にグーグルジャパン)でどういう仕事をしているのか。。。知りたくて購入しました。グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた作者: 辻野晃一郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/11/22メディア: 単行本購入: 9人 クリ…

ハーバードの人生を変える授業

室蘭の書店でたまたま手にした本です。以前、書店で見かけたことがあったのですがそのときは気にも留めなかったのですが。。。不思議なものです。ハーバードの人生を変える授業作者: タル・ベン・シャハー,成瀬まゆみ出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2010/…

プログラマが知るべき97のこと

プログラマが知るべき97のこと作者: 和田卓人,Kevlin Henney,夏目大出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2010/12/18メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 58人 クリック: 2,107回この商品を含むブログ (350件) を見る通勤電車と帰宅してから数時間…

ファミコンの驚くべき発想力

ファミコンの驚くべき発想力 ?限界を突破する技術に学べ? (PCポケットカルチャー)作者: 松浦健一郎,司ゆき出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2010/10/29メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 7人 クリック: 321回この商品を含むブログ (28件) を見る松浦…

Excelプロトタイピング

たまたま本屋で見かけた本。その名の通り、MS-Excelを使って画面デザインはページフローを手早く作ってしまおう!という本です。Excelプロトタイピング ―表計算ソフトで共有するデザインコンセプト・設計・アイデア作者: Nevin Berger,Michael Arent,Jonatha…

Developing Games in Java

昨日、ある学生が部屋を訪れて以下のようなことを言いました。「友達とゲームを作ろうと考えているんです。何かあったら聞きにきますのでよろしくお願いします」私はゲーム開発者でも何でもないので。。。と思いましたが、せっかく学生君らがやる気になって…

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

本屋で何度となく見かけてきましたが。。。どうしても手にとる気になれずスルーしていました。たまたまiPadのアプリで見かけて800円なら。。。と思い購入。電車で読了しました。Link: もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだ…

20歳のときに知っておきたかったこと

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義作者: ティナ・シーリグ,Tina Seelig,高遠裕子出版社/メーカー: CCCメディアハウス発売日: 2010/03/10メディア: ハードカバー購入: 475人 クリック: 17,353回この商品を含むブログ (395件) を…

ScanSnapS1500Mで本のPDF化

巷で話題のScanSnap、入手しました。早速、本を裁断機で裁断しスキャンしてiPadに転送取り込んでみました。その辺の手順はネットにたくさんあるので省略。感想を少しだけ書きます。(1)とにかく早い。コンピュータ書籍といえば分厚いものが多いですね。厚…

初めての人のためのLISP

日曜日から読み始めました。Lisp界で超有名な方の著書。そう思って読み始めるとギャップに悩みます(ギャップといってもお会いしたこともお話したこともないので勝手な想像とのギャップという意味です)。しかし、読み進むと不思議なことにその魅力にとりつ…

ソフトウェア・クリエイティビティ

今日、電車で以下の本を読みました。ソフトウエア・クリエイティビティ作者: ロバート・L・グラス,平鍋健児,高嶋優子,徳弘太郎,森田創出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2009/07/09メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 4回この商品を含むブログ (2件) を見…

デジタルゲームの教科書

出張時に立ち寄ったアキバ・ヨドバシの本屋でたまたま目にした本。荷物になるので昨日、福岡のヨドバシで購入しました。通勤電車で一気に読みました。ゲーム製作の仕事、環境、業界のおかれている状況、最近の技術、ゲーム開発者のキャリア(年収なども)な…

JAVAバーチャルマシン

JAVAバーチャルマシン (THE JAVA SERIES)作者: ジョンメイヤー,鷲見豊,トロイダウニング,Jon Meyer,Troy Downing出版社/メーカー: オライリー・ジャパン発売日: 1998/07メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログ (4件) を見るずいぶん前に出版さ…

ついでに。

上記で以下2冊を購入しました。ついでに記録。1冊は少し前に話題になったCMUの 教授の著書。1年前にこの日記でも記録していました。ライブ映像ではささっと流してしまったのでじっくり読ませていただこうと思います。The Last Lecture作者: Randy Pausch…

新13歳のハローワーク

久しぶりに夫婦で天神に。以前から娘が欲しがっていた以下の本を買ってきました。彼女はリアル13歳。 新 13歳のハローワーク作者: 村上龍,はまのゆか出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010/03/25メディア: ハードカバー購入: 13人 クリック: 215回この商品…

Beyond Interaction

いよいよopenframeworksの本が出るんですね。。。openframeworksのMLで知りました。初めは少し遊んでいたのですが、最近はほとんど触っていない。processingのjavaに比べるとC++は敷居が高いですが。。。高速なアプリを作るにはもってこい。来年度は書籍が発…

世界史

世界史 上 (中公文庫 マ 10-3)作者: ウィリアム・H.マクニール,William H. McNeill,増田義郎,佐々木昭夫出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2008/01/25メディア: 文庫購入: 37人 クリック: 1,062回この商品を含むブログ (88件) を見る 以下で紹介されてい…

CODE COMPLETE (下) 第2版

帰宅する前に来週の出張にもっていく本を選んでいました。出張時は格好の読書時間になります。あまり重い本は持って行きたくないな。。。と思いつつ手に取ったのが以下です。ずいぶん前に購入したものの、論文で引用する部分しか読んでいなく。。。お恥ずか…

AS3本購入

出勤途中でQAの関係本を探しに博多駅前の紀伊国屋へ行きました。いろいろ探した結果、とりあえず全体像を知るにはSQeBOKがいいかと思い購入。これから読みます。ソフトウェア品質知識体系ガイド―SQuBOK Guide作者: SQuBOK策定部会出版社/メーカー: オーム社…

The Book of Ruby

ちょっと前にHacker Newsで知った無償のebookです。読者によって本の向き不向きってあると思います。長大なサンプルプログラムを掲載して説明文を添えるタイプの本、ノウハウを集めた本、逆引き形式の本、講義ノート形式の本などなど。この本は数行のプログ…

iPhoneゲーム開発ワークショップ

[rakuten:book:13446742:detail]先日、書店に行ったついでにiphone開発本をいくつか買ってきました。そのうち、ちょっと異色な本がこれです。海外のiPhoneゲーム開発者(複数)による開発ノウハウが書かれています。なぜか日本人がいない。。。(この本に書…

『学習』『科学』休刊のお知らせ

眠い目をこすりながら未読のRSSを処理。そんな中、スラドで上記の記事を見つけました。 休刊ですか。。。 私が小学生の頃(30年くらい前か。。。)。無理を言って定期購読してもらっていたことを思い出します。本はろくに読まず怒られることも度々ありまし…

アメリカで大論争!! 若者はホントにバカか via 情報考学 Passion For The Future

これは読んでおきたい。自分の子供、身近な大学生、個人的な経験と照らし合わせてみたい。私は「若者がバカ」だとは思わないし、もしバカだとしても環境(核家族+総中流社会+ネット社会等)によるところは大きいと思う。個人的な体験から教育にあたるとき…

偏差値40から良い会社に入る方法

ブログ(Economics Lovers Live)をいつも拝見している田中先生の著書。これはmust read。買って読みましょう。来週から書店に並ぶそうです。偏差値40から良い会社に入る方法作者: 田中秀臣出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2009/11/20メディア: 単行…

へーiPhone(ipod touch)でProgramming Scalaが読めるんだ

ある方のブログで知った。しかも600円! iPhoneで読みやすいように整形されているとか。Link: Programming Scala (電子書籍) scala本は既に邦訳版を持っているので600円といえども買うのはちょい気が引けます。他に使えそうな本が無いか調べると。。。iTu…

統計解析本などなど

受託研究である工場の操業データを解析しています。これがなかなか楽しい。データから当時の操業の様子を推理します。専門ではないのですが。。。統計解析についてさらっとおさらいしたいと思い博多駅前の紀伊国屋で物色していたところ、ありました。この本…